2008-11-11

本場風のセルフ讃岐うどん店『丸亀製麺』@橿原

セルフうどん『丸亀製麺』(橿原店)

寒くなってくると、次第に温かい麺類が食べたくなります。この日は、我が家での「うどん」の定番となった『丸亀製麺』さんにお邪魔してきました。

うどんは腰のある讃岐うどんタイプ。セルフ式のファーストフード店なんですが、各店舗でしっかり麺を打っていて、これがなかなか美味しいんですよ。我が家の「外食先トップ3」に入るくらい愛用しています!


美味しい「セルフ式」讃岐うどんチェーン!

どちらかと言えば「そば党」の私ですが、以前から「セルフうどん」式のお店が大好きでした。まずはうどんを選んで、好きなトッピングをあれこれ追加していく・・・というのが、楽しくていいんですよね。しかし、奈良には意外とこのタイプのお店が少なくて、しばらく淋しい思いをしていたのです。

ある日、24号線沿いにあったうどん屋さんが「丸亀製麺」という聞きなれないお店にリニューアルしていたので、何となく入ってみたところ、これがかなり美味しい!香川で讃岐うどんを食べ歩いたは一回きりですので、あまり偉そうなことは言えませんが、麺といいシステムといい、かなり「讃岐風」で驚いたものでした。

それからというもの、何度も通うようになったのですが、いつの間にか店舗も増え、今では奈良県内に5店舗を展開しているのだそうです。

この丸亀製麺さんのことを調べてみると、経営しているのは東証マザーズ上場の「株式会社トリドール」。焼き鳥をメインにしたファミレス「とりどーる」からスタートしたのだそうです。

丸亀製麺の第一号店は、2000年の兵庫県加古川市でのこと。急ピッチに店舗網を拡大し、2008年11月現在で早くも「150店強」にまで拡大してきているのだとか!やっぱり、この味・価格は全国的に受け入れられやすいんでしょうね。

また、厳選された国内産小麦のみを使用し、各店舗での自家製麺にこだわっているのも人気のポイントです。ガラス越しにうどんを打っている様子が見られる店舗もあり、お子さん連れでもそれなりに楽しめると思います。


セルフうどん『丸亀製麺』(橿原店)-01

セルフ式うどん店のチェーン展開を行っている『丸亀製麺(橿原店)』。東証マザーズに上場している「株式会社トリドール」の運営で、2008年11月現在で、北海道から九州まで、現在150店強を展開しているそうです


注文方法は、慣れれば簡単です!

セルフ式うどんの注文方法は、慣れない方はやや戸惑うかもしれません。

(1)行列に並ぶ前に、注文するうどんの種類・サイズを決めておく
(2)自分の順番が来たら、店員さんにうどんの注文をする
(3)うどんを受け取ったら、トッピングコーナーで好きなものを皿に取る
(4)会計を済ませる
(5)お茶や刻みネギ・天かすなどは自分でトッピングする

メニューの中には、讃岐うどん独特の「ぶっかけうどん」や「釜玉うどん」などもあり、最初は戸惑うかもしれません。慣れないうちは、かなり目移りすると思いますので、後ろに並んだ人の邪魔にならないように、注文するメニューを決めてから列に並ぶことをオススメします。

また、うどんを選んだ後に、天ぷら・フライなどの「揚げ物類(@90円から)」や、いなり寿司・おにぎりなど(@100円から)のサイドメニューを選ぶのも、かなり迷いますね。

基本のうどんは、並サイズなら280円-380円程度ですので、比較的お安いのですが、好きなトッピングを自由に選んでしまうと、気がつくと1,000円近くまで行ってしまいますので、ぜひ冷静になりましょう(笑)

うどん自体はもちろんですが、揚げ物も回転が速く、揚げたてのものが食べやすいですし、おにぎり類も握った時間が明記してあるので、新しいものを選べるようになっています。低価格なお店でも、こんなところに手を抜いていないのが人気の秘訣なんでしょうね。


セルフうどん『丸亀製麺』(橿原店)-02

丸亀製麺さんのメニュー。ベーシックなうどんなら280円から食べえられます。各店舗で麺を打っていて、しっかりとした讃岐うどん風のうどんが、低価格で気軽に食べられるんですから、嬉しいですね

セルフうどん『丸亀製麺』(橿原店)-03
丸亀製麺さんでは、まずは注文するうどんの種類を店員さんに告げて、茹でてもらいます。ここであまり迷っていると、後ろの人の迷惑になりますので、最初にうどんだけ決めてから列に並びましょう

セルフうどん『丸亀製麺』(橿原店)-04
うどんを受け取った後は、天ぷら・おにぎりなどのサイドメニューを取ってからレジに進みます。天ぷら類などは、目の前で揚げていますので、揚げたてのものを選ぶのもいいですね。ここでもいつも迷っちゃうんですよね・・・

セルフうどん『丸亀製麺』(橿原店)-05
店内の様子。セルフ式の和風ファーストフード店らしく、シンプルです。お客さんの姿が全く見えないのは、平日の夕方4時半という、かなり中途半端な時間だったため。お昼時など、かなりの数のサラリーマンで賑わいます

セルフうどん『丸亀製麺』(橿原店)-06
壁に貼られた丸亀製麺さんのこだわりあれこれ。この他、讃岐うどんの色んな種類を解説したものなどもあります


本場風うどんをシンプルにどうぞ!

もう丸亀製麺さんには、各店舗に何度も立ち寄ってますので(天理・大和郡山・橿原・大和高田の4店舗に行きました)、ベーシックなものから変わったものまで、色々と食べています。

この日の私は、何となく「カレーうどん(@380円)」の並サイズを注文。揚げ物1品とおにぎり系2品で、計700円ほどになりました。相方は、大好きな「とろ玉うどん(@380円)」を中心にあれこれ食べて、計800円ほど。

内容は、揚げ物と炭水化物ばかりで、かなり不健康な感じがしますが、かなりの満足度ですね。

ただし、さすがにカレーうどんだと、お店の個性が分かりにくくなってしまいますので、出来ればもっとシンプルな「釜揚げうどん(@280円)」や「ぶっかけうどん(@280円)などを食べてみてください。しっかり腰がある麺をシンプルに食べる、讃岐風の楽しみ方ができますから。

うどん文化圏である関西の方が、このうどんを食べてどんな反応をするのかは分かりませんが、讃岐うどん好きな方にとっては、お手軽に美味しいうどんが食べられる嬉しいお店でしょう。ぜひ一度お試しください!


セルフうどん『丸亀製麺』(橿原店)-07

この日は、カレーうどん・コロッケ・いなりずし・おにぎり(高菜)。これで約700円ほどです。おにぎりも握った時間が書いてありますし、揚げ物も随時追加されていてサクサク。オッサンの昼飯らしい内容ですが、満足度は高いですね!

セルフうどん『丸亀製麺』(橿原店)-08
相方が食べたのは、とろ玉うどん・いなり寿司・おにぎり・天ぷら2種。800円くらいです。どれを見ても美味しそうですが、揚げ物と炭水化物ばかりになりますので、くれぐれも食べ過ぎに注意!

セルフうどん『丸亀製麺』(橿原店)-09
「とろ玉うどん(並)(@380円)」のアップ。半熟卵・とろろ・天かすに、ネギは自分でトッピングします。普通のうどんよりも濃い目・少な目の汁で、卵やとろろに絡むと美味しいんですよね。麺も腰のあるタイプで、かなり好きです!



大きな地図で見る


■丸亀製麺(橿原店)

HP: http://www.toridoll.com/toridoll/marugame_index.html
住所: 奈良県橿原市新賀町130番2
電話: 0744-24-8721
定休日: 無休
営業時間: 11:00 - 22:00
駐車場: あり

※2008年11月現在、奈良県内には、天理・大和郡山・橿原・大和高田・イオン登美ヶ丘の5店舗あります










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ