2008-05-27

FM局・茶房・バー!雰囲気のある『奈良オリエント館』

奈良オリエント館

奈良町のガイドブックなどを見ていると、その名前が異彩を放っている『未来工房 奈良オリエント館』。

私は全く知らなかったのですが、以前はペルシャ関連の品々を展示していた施設だったのですが、2000年に閉館。その後を受けて、現在はコミュニティーFM局・茶房・バーなどがある複合施設となっているのだそうです。


江戸時代の商家がFM局に!

『奈良オリエント館』は、元々は江戸末期に建てられた商家を改装したもので、奈良市で唯一となるコミュニティーFM局「ならどっとFM」さんが放送ブースを構えている、ちょっと変わった雰囲気の施設です。

町家からラジオ放送が発信されているなんて、いかにも奈良っぽくていいですよね。残念ながら写真を撮るのを忘れましたが、この日もしっかり放送中で、出演者の方々がマイクに向かっている姿を見ることができました。

やや近代的な放送ブースの裏側には、古くからの風情を残した町家の雰囲気がタップリ!この日の私たちは、何気なくフラッと立ち寄っただけだったのですが、幸いにも人が少ない時間帯だったこともあって、スタッフの女性の方から色んなお話を聞かせていただいたり、まだ開店前のバーの様子なども見せていただくことができました。

建物は江戸時代末期の商家のもので、その当時の雰囲気を色濃く残した、とても風情のあるものでした。小さな中庭や奥へと続く土間(いわゆる通り庭)など、見ていて飽きることがありませんね。


奈良オリエント館(奈良町)-01

『未来工房奈良オリエント館』の外観。以前はペルシャの文物を展示していた施設だったものが閉館し、コミュニティーFMや茶房・バーなどが入る複合施設に生まれ変わったもの。建物は江戸時代のものなのだそうです

奈良オリエント館(奈良町)-02
土間の上の梁。元は煮炊きするスペースですから、かなり燻されていい色になっていますね。江戸時代の建物で、かなり使い込まれた迫力を感じます

奈良オリエント館(奈良町)-03
土間部分からさらに奥へと伸びています。この先には小さなお庭と、蔵を改装したバー『らいぶ&ば~蔵武D』があります

奈良オリエント館(奈良町)-04
小さいながらも手入れが行き届いた中庭。いかにも町家らしい作りですね。『茶房 暖暖』では、このお庭を眺めながらお茶をいただくことができます!

奈良オリエント館(奈良町)-05
同じ中庭の見事な梅の木。満開の時期を迎えると、とにかく素晴しい眺めになるのだそうです


ロケーション抜群の『茶房 暖暖』

奈良オリエント館の中央部分の座敷は、『茶房 暖暖(のんのん)』。美しくて落ち着いた中庭を眺めながら、のんびりとお茶を飲めるなんていいですよね。この日の私たちはまだ休憩するには早かったので、そのままおいとましてきましたが、これだけの雰囲気の中でのんびりとしてみるのも気持ち良さそうです。

ホームページによると、「大和茶または小豆茶とならまちどっと(@550円)」などのお茶メニューと、「茶粥御膳-デザートに和菓子と大和茶付(@1,350円)」という食事メニューもありますので、町家の雰囲気がお好きな方はぜひ行ってみてください。


茶房暖暖(奈良町)-01

建物の前に貼ってあった『茶房 暖暖(のんのん)』さんのお品書き。こんなところで奈良名物「茶粥」を食べるというのもいいですよね

茶房暖暖(奈良町)-02
『茶房 暖暖』さんの様子。町家好きには堪らないシチュエーションですね。色合いがちょっとオレンジがかって見えるのはカメラの設定のせい・・・

茶房暖暖(奈良町)-03
古い箪笥と襖、扇風機の感じがいいですね。昭和初期っぽい雰囲気をかもし出しています

■茶房 暖暖

定休日: 月曜日(祝日の場合は営業)
営業時間: 11:00 - 17:00


180年前の米蔵を改装したバー『蔵武D』

奈良オリエント館の奥の方に進むと、180年前の米蔵を改装したという『らいぶ&ば~蔵武D』(クラブDと読むそうです)があります。ここは和洋折衷スタイルのバーで、蔵を支えていた梁なども迫力がありました。

それほど広いワケではないのですが、定期的にライブも開催されていて、そのジャンルもジャズ・ブルース・民族音楽など多種多様。お客さんと本当に近い位置での生演奏ですし、元が蔵ということで音もいいのだそうです。いつかは聞きに行ってみたいものですね。

ただし、初めて行く方には、場所が分かりづらいかもしれません。奈良オリエント館の通り庭を遠慮なくドカドカと進んで、奥まで突き当たった場所にありますので、勇気を出して奥に進んでみてください(笑)


らいぶ&ば~蔵武D(奈良町)-01

町家の奥まった部分にある『らいぶ&ば~蔵武D』。180年前の米蔵を改装した建物ですが、あまりに奥にあるため、あらかじめ知っている人でなければここまで辿り着けないかも

らいぶ&ば~蔵武D(奈良町)-02
天井の板を外してあるため、かなり広々とした空間です。全体的に梁が低めなのは、ここを2階建てとして使っていたためなんだとか

らいぶ&ば~蔵武D(奈良町)-03
バーの厨房部分。地酒などのメニューも豊富。まだオープン前の準備中だったにも関わらず、快く内部を見せていただきました!

らいぶ&ば~蔵武D(奈良町)-04
竹をモチーフにした内装。ライブが行われるのは、このピアノの前。観客先の目前でかなりの迫力なんだそうです

■らいぶ&ば~蔵武D

定休日: 月曜日(祝日の場合は営業)
営業時間: 19:00 - 24:00



大きな地図で見る


未来工房 奈良オリエント館

住所: 奈良県奈良市西新屋町43番地
電話: 0742-24-8415
定休日: 月曜日
拝観料: 無料
駐車場: なし
アクセス: 「近鉄奈良駅」から徒歩15分










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ