2008-02-24

今井町散策の〆は『町屋茶屋 古伊』へ

今井町-古伊

2月の寒い今井町を散策し終わった私たちは、また中心部の方面へ引き返して(とは言っても数十メートルですが)、最初通り過ぎたときに気になっていた『町屋茶屋 古伊』へ入ってみました。


(※今井町を歩いた記録その1「古い街並みが残る「今井町」散策」・その2「今井町散策の〆は『町屋茶屋 古伊』へ」も合わせてお読みください)


江戸時代中期の建物がカフェに

『町屋茶屋 古伊』さんの建物は、江戸時代の中期より、13代にわたって修繕を重ねながら使われてきた古民家だそうです。初代から8代目までは「古手屋(古着商)」を営まれていたそうで、その時の屋号「古手屋伊兵衛」から今の店名となったのだとか。

さすがに歴史ある建物だけあって、真っ白い壁や格子窓などからは、町屋そのもののような風情が感じられます。店の外に並べられた酒の甕のようなものや、暖簾などの小道具もいいですね。

店内に入っても、落ち着いた雰囲気がタップリ。今井町を散策した後にこんなお店で一服できれば言うことナシですね。店内には観光情報誌なども置いてありましたので、そんなものを眺めながらのんびりするのもいいかもしれません。

この日、あまりにも寒かったので、私たちは二人とも「ぜんざい(@400円)」を食べました。お値段もそこそこですし、味も悪くなかったですね。このレベルならば、今井町に来た際にはまた立ち寄ってもいいかなと思えるレベルだと思いました。場所もとても分かりやすいですので、今井町へ出かけた際にはぜひどうぞ。


今井町「古伊」-01

今井町の本町筋(豊田家の北側)にある、『町屋茶屋 古伊』さん。中心部にあってアクセスも良く、今井町散策の途中に立ち寄りやすいでしょう

今井町「古伊」-02
古伊さんを逆の角度から。店の前に並べてある酒甕(?)のようなものも雰囲気ありますね。白壁がキレイな再生町屋です

今井町「古伊」-03
古伊さんの看板。これだけでも相当に凝ってます

今井町「古伊」-04
入ってすぐの板間。赤い敷物の真ん中にある火鉢には火が入っていました。格子窓ごしに通りを眺められるのもいいですね

今井町「古伊」-05
板間の隣の座敷席。階段箪笥(または箱階段)がいいですね。この日も火鉢に当たりながら、観光客の方がのんびりとくつろいでいました

今井町「古伊」-06
土間部分はこんな御茶屋さんスタイルです。座席はこれだけですので、15人程度で満席になるような丁度いいサイズです

今井町「古伊」-07
天井を見上げたところ。屋根が高くて気分がいいのですが、暖房効率は悪そうですね・・・

今井町「古伊」-08
壁面照明にも雰囲気ありますね。しっかりと現代風に改築されていて、清潔で気持ちのいい造りでした

今井町「古伊」-09
古伊さんでいただいた「ぜんざい(@400円)」。特にメチャメチャ美味い!とまでは言いませんが、寒い体を温めるには十分でした。他にも「抹茶(菓子付き)(@400円)」「そば(@500円)」などもあるそうです



大きな地図で見る


■町屋茶屋 古伊

住所: 奈良県橿原市今井町4-6-13
電話: 0744-22-2135
定休日: 火・水曜 (祝日の場合は営業、木曜日が休みに)
営業時間: 平日:10:30-17:00、週末・祝日:10:30-17:30
駐車場: ナシ
アクセス: 近鉄橿原線「八木西口駅」-徒歩10分










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ