2007-12-18

奈良一の名湯(だと思う)入之波温泉『山鳩湯』

山鳩湯-湯船


この日は平日でしたが、半日ほど時間が空いたため、フラフラと温泉に向かいました。自宅から行ける温泉というと、色んなセレクトが出来ますが、何となく久々に『入之波温泉湯元 山鳩湯』の濃い源泉に入りたくなって、川上村方面へ。道中は相変らずの山道ですが、自宅からなら1時間半程度でつく距離です。ちょっとしたドライブに丁度いいんですよね。

久々の山鳩湯ですが、相変らずいいお湯でした。ここの敷地内で温泉が吹き出ているという湯元の宿ですから、濃い温泉成分がダイレクトに感じられるようです。少し鉄臭いような茶色く濁ったお湯で、湯船に入っていても水中はほとんど見えません。ちなみに、ここの湯船は「ひのき製」らしいのですが、温泉成分がビッシリと付着していて、表面は鍾乳石のようになっています。あれが木製だと気付かない方も多いでしょう。


平日の昼過ぎという中途半端な時間だったため、他にはほとんどお客さんもおらず、とってものんびりできるのですが、湯船の頭上2メートルぐらいの位置から、源泉がゴーゴーと流れ落ちているため、音がうるさくて仕方ありません! 打たせ湯的な使い方もできるようにということでしょうが、あれだけは何とかならんものかと・・・(笑)

また、源泉掛け流しで(多分)無加温なんですが、「元湯39.0℃」ということで、この季節に入るにはややぬるいんですよね。大きな池が一望できる露天風呂もあり、気候のいい時なら大混雑になるんですが、今はさすがに寒いんですよね。これは内湯でも同様です。のんびりと浸かるにはいいんですが、体が温まりきらないうちに温泉成分が効いてきて、あまり長湯していると湯あたりしそうになります。

温泉の施設としてはとってもシンプル。湯船があって、露天があって、、、それだけです。余分なものは一切ありません。さらに、建物だって決してキレイではりませんし、どことなく湯治場の雰囲気があるお宿です。私たちは日帰り入浴ばかりですが、「宿泊:1泊2食付11,550円~」ということですし、意外と(?)お料理もイケルという噂も聞いていますので、ゆっくりと温泉に入りまくるのもいいかもしれません。ここのお湯にはそれだけの価値があると思います。

また、この山鳩湯のすぐ近くに、「入之波温泉 五色湯」という、川上村の公営宿泊施設もできています。こちらは山鳩湯とは正反対の、とても近代的でキレイな宿。ただし、湯元のお湯を知っているだけに、どーしてもお湯が物足りない感があります。しかし、山鳩湯の施設がシンドいと感じる方には、コチラがオススメですね。

奈良県内の温泉は色々と周ってますが、個人的にはここが一番だと思ってます。山鳩湯がもっと安く泊まれて自炊できる「湯治プラン」とか作ってくれたら、喜んで連泊したいくらいですね。

ちなみに、この温泉の読み方は「入之波(しおのは)温泉」です。何度聞いても覚えられませんね~。さらに、ここにはいわゆる「温泉街」的なものは何一つありません。宿泊をお考えの方、トランプと花札を持参しておいてください(笑)

山鳩湯-入り口
細い山道を進んでやっと辿り着いた入之波(しおのは)温泉の湯元『山鳩湯』。谷あいにあるため、階段でどんどん下っていくことになります

山鳩湯-建物
駐車場から建物を見下ろした図。お世辞にも、決して「最新」とか「キレイな」とかいうタイプの宿ではありませんね(笑)

山鳩湯-玄関
階段を下りて玄関へ。ここもまた雑然としてます

山鳩湯-受付
受付カウンター。この脇には食堂がありますが、改装されてキレイになってました。ウワサによると、食事もなかなか美味しいらしいです

山鳩湯-脱衣所
男風呂の脱衣所。天井についている扇風機のカバーが無くなっていたりと、なかなかワイルド!

山鳩湯-湯船
無人の湯船。とっても温泉らしい色と香り。成分がビッシリとこびりついているため、湯船は石作りのように見えますが、ちゃんとひのき製だそうです

山鳩湯-源泉
建物の脇にある源泉の噴出口。温泉成分のため土が黄色く変色して、そのまま目の前の池に流れ込んでいます

山鳩湯-休憩室
お風呂の上の階(受付から2階分くらい下)の休憩所からの眺め。目の前が大きな池(大迫貯水池)で、お風呂からも一望できます

山鳩湯-山鳩音頭
休憩室にあった「山鳩音頭」。なるほど(笑)





拡大地図を表示


■入之波温泉湯元 山鳩湯

HP: http://www.yamabatoyu.yoshino.jp/
住 所:奈良県吉野郡川上村入之波391

※ホームページには、入浴料金は「料金600円」とありますが、実際には「700円」でした






 【奈良一の名湯(だと思う)入之波温泉『山鳩湯』】へのコメント
ならみん  09-03-19 1:48

初めまして。
私も、先日“山鳩湯”に行ってきました。
恥ずかしながら、このような名湯が
奈良に有るとは知りませんでしたので、
感動も、ひとしおでした。
今回の山鳩湯が良かったですので、
この機会に、十津川方面の温泉巡りなんかも
してみたいと思っています。
それにしても「山鳩音頭」、確かに納得です。(汗)

naka  09-03-20 0:32

>ならみんさん

初めまして。よく「ブログ村」のランキングからサイトを拝見させていただいてます。コメント、ありがとうございます!

私も十津川方面の温泉にはいくつか行ってますが、山鳩湯を超えるようなお湯は、まだめぐり合っていません。迫力のある湯船や、山奥の秘湯っぽさなど、本当に雰囲気のいいところですよね。

今後ともよろしくお願いします!





  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ