2015-04-09

関西で味噌煮込みうどん!『きしめんあまの』@大阪梅田

関西で味噌煮込みうどん!『きしめんあまの』@大阪梅田

名古屋エリアのソウルフード「味噌煮込みうどん」「きしめん」をいただける、大阪梅田の『きしめんあまの』さん。創業昭和36年という老舗で、やや芯を残した麺も本場風。スープはやや八丁味噌を抑えて穏やかに、とても食べやすく仕上げています。さすが大阪、こんな名古屋めしまでいただけるんですから感謝したいです!


八丁味噌たっぷりの「名古屋メシ」好きです

私は以前、名古屋市の近くに住んでいたことがありました。そのころに、赤味噌をたっぷりと使った、いわゆる「名古屋めし」の洗礼を受け、大好物になりました。

かなり濃い目で強い味なんですが、何度か食べているうちにすっかり慣れて、東海地区を離れた今、無性に食べたくなることがあります。毎日飲むお味噌汁であれば、圧倒的に白味噌が好きですから、東海地区の方々ほど「赤味噌を心から愛している」と主張するつもりはありませんが(笑)

関西に生まれ育った方がソースの味にこだわるように、東海地区の方は赤味噌にこだわります。同じ赤味噌ベースの食べ物でも、色んなパターンがあって、意外と飽きずに食べられますし、妙にクセになるのです。

数ある名古屋めしの中でも、もっとも恋しく思い出すのが、味噌煮込みうどんの有名店『山本屋本店』さんの味です。

土鍋でグツグツと煮立った状態で登場し、どれだけ煮込んであるのかと思いきや、麺ははっきりと芯が残っているほど固め!初めて食べた時には、「これ、まだ半生じゃないですか?」と驚いたほどです!

最初こそ面食らいましたが、これが絶妙に美味い!配られた紙製のエプロンをつけ、汁が飛ぶのを気にしながら、そして口の中が火傷するのをこらえながら、ズルズルッとすすったものです。残った赤味噌の汁をご飯にかけて食べたりしても美味しいんですよね。

(※ちなみに、山本屋本店さんで使用するお味噌は、3年かけて醸造した赤味噌と白味噌をブレンドして使っているそうです。)


大阪梅田の味噌煮込み・きしめんのお店

そんな東海地方のソウルフード・味噌煮込みうどんですが、奈良はもちろん、大阪にもほとんど店舗がありません。

「大阪 味噌煮込みうどん」で検索すると、ほぼ唯一の選択肢となるのが、大阪梅田の地下街「Whityうめだ」内にある『きしめんあまの』さん(食べログ)です。

私は梅田方面へはほとんど出かけないため、このお店のことはまったく知りませんでした。しかし、以前この近辺で勤めていた経験のあるウチの奥さんは、偶然入ったあまのさんの「きしめん」の美味しさにはまり、しばらく通っていたことがあったとか。

そんな店があるなら、早く教えてください!(笑)


きしめんあまの@大阪梅田-01

大阪梅田の地下街「ホワイティうめだ」にある『きしめんあまの』さん。昭和36年(1961年)創業とのことですから、この場所で50年以上も営業なさっているんですね!入口の上部にも、小さな金のシャチホコが付けられています(※スマホで撮影した画像なので粗めです。ごめんなさい)

きしめんあまの@大阪梅田-02
店内は、テーブル席とカウンター席があり、計23席。店内には、お出汁と八丁味噌の風味が漂い、ここだけ東海地方のよう!


昭和36年創業。大阪で半世紀も続く名店

あまのさんのメニューは、味噌煮込みうどん・きしめん、この2系統がメインです(メニューはこちら)。

●味噌煮込みうどんは、「味噌煮込みうどん(@1,180円)」「もつ味噌煮込みうどん(@1,350円)」「天ぷら味噌煮込みうどん(@1,590円)」など

●きしめんは、「きしめんあまの(@820円)」「カレーきしめん(@920円)」「ざるきしめん(@700円)」「鴨ざるきしめん(@1,100円)」など

●ご飯ものは、「ごはん(@210円。おかわり自由)」「かやくごはん(@300円)」など。


きしめんあまの@大阪梅田-03

きしめんあまのさんのメニュー表面。トップは、土鍋に入った味噌煮込みうどんが並び、その下にきしめん各種が続きます

きしめんあまの@大阪梅田-04
メニュー裏面。ざるきしめんと丼物など。「きしめんとミニ玉子丼セット(@1,270円)」などもあります。「ごはん(@210円)」がお代わり自由というのがポイント。お腹いっぱい食べられますよ!


まさに本場の味噌煮込みうどんでした!

この日、私たちは「もつ味噌煮込みうどん(@1,350円)」と「鴨ざるきしめん(@1,100円)」、そして「ごはん(@210円)」(3杯も食べました!)をいただきました。

土鍋でグツグツと煮こまれた姿は、まさに本場そのもの。麺もやや芯が残った状態のアルデンテ(?)で、生卵入りなのもいいですね。紙エプロンを身につけてズルズルッと夢中になっていただきました。

スープのお味は、本場のものよりもややまろやかに調整してあるのでしょう。八丁味噌のドシッとしたインパクトは控えめで、お出汁がきいた上品なお味になっています。これなら名古屋味に慣れていない大阪の方でも美味しくいただけるでしょうし、中年の疲れ気味の胃にも優しいですね。

食に厳しい大阪の繁華街で半世紀も続いているお店ですから、さすがの美味しさです。大阪にも手羽先の唐揚げがいただけるお店などは増えていますが、本場の味噌煮込みうどん・きしめんがいただけるのは貴重です。これからもいつまでも暖簾を守り続けて欲しいですね!


きしめんあまの@大阪梅田-05

大阪梅田きしめんあまのさんの「もつ味噌煮込みうどん(@1,350円)」。まるでカレーうどんのような色味ですが、間違いなく名古屋風の味噌煮込みうどんです。八丁味噌はやや穏やかめで、食べ慣れない方にも優しくなっています。プルプルのモツも、固めの麺も絶品!大阪でこの味が食べられて幸せでした!

きしめんあまの@大阪梅田-06
お腹はそれほど空いていなかったにもかかわらず、やはり「ごはん(@210円)」を注文してしまいました。お代わりした2杯目で満腹になったはずなのに、店員さんに「スープに入れて食べると最高ですよ!」とそそのかされて、おじや風で3杯目を。ペロリッとお腹に収まりました(笑)

きしめんあまの@大阪梅田-07
ウチの奥さんが注文した「鴨ざるきしめん(@1,100円)」。これも本当に美味しかった!じつは私はあまり「美味しいきしめん」というものを食べた記憶がなく、これまで「うどんでいいやん?」と思っていたのですが、きしめんも絶品でした。平たい麺で、小麦粉の風味がしっかり感じられるのと同時に、喉越しもいいんです。さすが!



■きしめんあまの梅田店

HP: http://www.osakaamano.co.jp/
住所: 大阪府大阪市北区角田町2-5 ホワイティうめだノースモール1
電話: 06-6312-3470
定休日: 不定休(第3木曜など)
営業時間: 11:00 - 21:30
アクセス: 梅田駅からすぐ

※実際にお店にうかがったのは「2015年4月7日」でした。


■参考にさせていただきました

ぐるなび - きしめんあまの梅田店(梅田・大阪駅/うどん)
【京阪神食べ歩き】大阪で食べる名古屋名物味噌煮込みうどん きしめん あまの


●【食べログ】の該当ページへ

きしめん あまの - 梅田/うどん










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ