2012-03-28

つなぎなし!奈良を代表する人気の蕎麦屋『玄』@奈良市

つなぎなし!奈良を代表する人気の蕎麦屋『玄』@奈良市

以前から憧れていたお蕎麦屋さん『玄(げん)』さんに行ってきました。お値段も決してお安くありませんし、敷居が高く感じられるお店ですが、端正で洗練された印象の、本当に美味しいお蕎麦がいただけます。蕎麦好きな方はぜひ行ってみてください!


今西家別邸を利用した有名人御用達のお店

奈良市福智院町にある、奈良のお蕎麦の有名店『玄(げん)』さん。清酒「春鹿」で有名な今西家の別邸として建てられた、とても趣きのある建物を使用していて、まさに「隠れ家的」と言いたくなってしまう渋い店舗です。

以前、松任谷由実さんが「死ぬ前に食べる最後の一食を選ぶとしたら?」という質問に対して、玄さんのお蕎麦だと答えたと、某雑誌の蕎麦特集で拝見したことがあります。また、人づてに聞いた話ですが、奈良出身の堂本剛さんがコンサートの打ち上げなどでよく利用しているお店なんだそうです。

お店の場所は、通りからは奥まっているためやや分かりづらいですが、重要文化財の「今西家書院」のすぐ裏手になります。ならまちの人気カフェ『カナカナ』さんの斜向かいの細い道を入った突き当りと言うと分かりやすいかもしれませんね。


蕎麦『玄』@奈良市-01

奈良のお蕎麦の有名店『玄(げん)』さん。奈良の銘酒「春鹿」を作る今西家の別邸として建てられた建物ということで、とても趣があります

蕎麦『玄』@奈良市-03
暖簾をくぐったら、すぐに蹲に椿の花。絵になりますね!

蕎麦『玄』@奈良市-02
入口部分。建物の前後に、よく手入れされたお庭が見えました

蕎麦『玄』@奈良市-04
玄関から建物内を見たところ(帰り際に撮影しました)

蕎麦『玄』@奈良市-05
広い座敷に二月堂机が並べられ、三つの島になっています。この日の一番最初に入店したため他のお客さんは写っていませんが、この直後には予約客で満席になりました!すごい人気ですね


基本は「せいろそば」「田舎そば」の2種類

玄さんのお昼のメニューは、基本のお蕎麦は「せいろそば(@1,050円)」「田舎そば(@1,050円)」の2種類です。そのバリエーションとして、「梅たたきの水そば(@1,260円)」「山かけそば(@1,260円)」「おろしそば(@1,260円)」とあります。

また、蕎麦を使った一品も何種類かあり、「そばがき(@1,260円)」「そば団子(@420円)」「そば豆腐(うにのせ・ゆばのせ)(各@525円)」などがありました。


蕎麦『玄』@奈良市-07

玄さんのお昼のメニュー。手書きで味がありますね。基本は「せいろそば(@1,050円)」「田舎そば(@1,050円)」の2種類です。数に余裕があれば当日飛び込みでもいただけますが、やはり事前予約しておくのがベターでしょう

蕎麦『玄』@奈良市-06
テーブルの上にはお塩があります。お店の方から、「ぜひお蕎麦+お塩でも味わってみてください」と説明がありますので、忘れずに試してみましょう


端正で洗練された美味しいお蕎麦でした

この日、私たちは「せいろそば(@1,050円)」「田舎そば(@1,050円)」 をいただきました。“つなぎなしの石臼挽き”がウリのいわゆる「十割そば」ですが、全体的に洗練された印象で、とても美味しかったです!さすがは評判の高いお店だけありますね。

私は普段、せいろそばよりも蕎麦の風味がダイレクトに感じられる田舎そばの方が好みなんですが、玄さんのお蕎麦は端正なせいろそばの方が好みでした。季節的なものもあるのか、田舎そばは蕎麦の香りが強すぎないようになっていて、田舎としてはやや上品な印象です。もちろん、どちらも本当に美味しかったのですが、次は新そばの時期に両方を食べ比べてみたいですね。


蕎麦『玄』@奈良市-08

玄さんの「せいろそば(@1,050円)」。器などのしつらえも見事ですね。まずはお塩でいただきましたが、のど越しが良く、キリッと端正な印象のあるとても美味しいお蕎麦でした。つゆやわさびもそのまま舐めたりしましたが、どれもさすがですね

蕎麦『玄』@奈良市-09
せいろそばのアップ(ピントがあってなくてすみません)。もっちりとしていながらスッキリ!

蕎麦『玄』@奈良市-10
こちらは「田舎そば(@1,050円)」。辛味大根が添えられています

蕎麦『玄』@奈良市-11
田舎そばのアップ。茶色いワイルドな風貌です。蕎麦らしい食感で、さすがの美味しさでした!

蕎麦『玄』@奈良市-12
お蕎麦を食べ終わったら、もちろんそば湯をいただきます。これがトロットロで濃厚。美味しかったです!そば湯に軽く塩を振って飲んでみたら、それだけでも十分にいけました(笑)。ちなみに、そば茶も香り高くて幸せでした!


「そばがき」「そば団子」も感動モノでした

また、合わせて一品もあれこれ注文してみましたが、「そばがき(@1,260円)」の味と食感は、ちょっとした衝撃でした。絡みつくようなモッチリとした舌触り、しっかりと蕎麦の風味も感じられて、とても贅沢な気分になれますね。

甘党の方は「そば団子(@420円)」をどうぞ。正直なところ、あまりお蕎麦の存在感はありませんでしたが、本当に美味でした!


蕎麦『玄』@奈良市-13

今回いただいたもので一番驚いたのが、この「そばがき(@1,260円)」でした。モッチリとした食感がすごくて、「山芋でも混ぜてある?」と思うほど(もちろんそば粉のみです)。そのまま食べても蕎麦の風味が絶妙に感じられます。とても上品な味ですが、これをつまみに日本酒が飲みたくなりました

蕎麦『玄』@奈良市-14
こちらは「そば豆腐(うにのせ)(@525円)」。ウニの代わりに湯葉を乗せたものもありました。お蕎麦で作った豆腐だと思いますが、プルップルで全く別の食べ物です。デザートっぽくも見えますが、美味しいウニとワサビ、そして黒いお豆さんはしょっぱく味付けされていました

蕎麦『玄』@奈良市-15
「そば団子(@420円)」。割るとつぶあんが入っていて、これが美味しいんです!ウチの奥さんが深く感動していました。決してお安くはありませんが、甘いものがお好きな方は締めの一品としてどうぞ


事前予約がベター。いつかは夜のコースも

今回は、昼の営業時間中にお邪魔しましたが、玄さんの手打ちそばは提供できる数も限られているため、基本的に事前予約をした方がベターです。この日は平日でしたので、営業時間前の10時くらいの電話でも予約は取れましたが、出来ればもっと早めの方がいいでしょう。

また、予約の電話の際に、お店の方から「せいろそばと田舎そば、それぞれ何枚ですか?」というような質問をされます(山かけそばなどへの変更は入店してから可能です)。何も考えずに電話をすると戸惑うと思いますので、お気をつけください。

この日、そばがきなどは予約無しでいただけましたが、こちらも出来れば予約段階でお願いしておくといいでしょう。ちなみに、お蕎麦はそれほど量が多いものではありませんので、お腹を膨らませたい方は2枚くらい注文してもいいかもしれませんね。

玄さんは夜も営業なさっていますが、メニューは「蕎麦遊膳(@10,500円。サ別)」のみとなります。完全予約制で、一日に2組ほどしか予約を取らないのだとか。他の方のブログをご紹介しておきます。興味のある方はぜひご覧ください。

御蕎麦 『玄』 - 奈良の日々 - Yahoo!ブログ
晴れたらいいねっ! ☆玄~蕎麦 奈良

夜のメニューとなるとさすがに気軽に行けるお値段ではありませんが、お昼は事前予約さえすれば、間違いなく美味しいお蕎麦がいただけます。蕎麦好きな方はぜひ!



大きな地図で見る


■玄(げん)

HP: 参考サイト(食べログ)
住所: 奈良県奈良市福智院町23-2
電話: 0742-27-6868
定休日: 月・日曜(土曜日は昼のみ営業)
営業時間: 11:30-13:00、18:00-21:00
駐車場: 無し
アクセス: 近鉄奈良駅から徒歩15分ほど


■参考にさせていただきました!

奈良 ユーミンお気に入りのお店 | 奈良の玄を紹介


●【食べログ】の該当ページへ

そば(蕎麦) / 近鉄奈良駅
昼総合点★★★★ 4.5










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ