2011-07-07

限定メニュー『汁なし油そば』@屋台ちかみちらーめん

限定メニュー『汁なし油そば』@屋台ちかみちらーめん

毎度おなじみ、天然素材のみで作られた煮干だしが効いたラーメンがいただけるお店、川西町の『屋台ちかみちらーめん』さん。今回は、新作の限定メニュー「汁なし油そば(生玉子付き)」をいただきました。「油そば」はまだそれほど一般的ではありませんが、さすがのお味でした!


「汁なし油そば」=「まぜそば」のようなもの

川西町の『屋台ちかみちらーめん』さんには、これまでにも新メニューや、限定メニューを定期的にいただいてきました(検索ページ。今度読みやすくまとめます!)。

今回の新作限定メニューは「汁なし油そば(@800円)」。奈良で油そばを出しているお店はあまり見かけませんが、こんな分類となるようです。



油そば(あぶらそば)とはスープのないラーメンの一種である。

調味料を和えるラーメンであり、どんぶりの底にわずかに入った醤油やラードの入った濃いタレに、ラー油、酢などの調味料を好みでかけ、茹で上げた麺全体に絡めて食べる。具はメンマ、チャーシューなど少量。店によっては油そばではなく、「もんじゃそば」、「まぜそば」、「手抜きそば」、「あぶらーめん」などと称する。

「油そば」を名乗っているお店は少ないですが、レシピ上完全に同じものかどうかは分かりませんが、これが「まぜそば」と同じものとするならば、私が知る限り、奈良県内では『無鉄砲しゃばとん』さん、『麺人 ばろむ庵』さんなどでいただけます。


汁なし油そば@屋台ちかみちらーめん-01

屋台ちかみちらーめんさんの期間限定メニュー「汁なし油そば(生玉子付き)」。お値段は800円。店長さんは被災地への炊き出しにも取り組んでいらっしゃる方ですので、「※売上の一部を炊き出し資金にいたします。」との但し書きがあります


油そばでは色んな段階の味が楽しめます

まだあまり馴染みがない「油そば」ですので、食べ方を戸惑う方もいらっしゃるかもしれません。店長さんがブログに画像入りで詳しく紹介していらっしゃいますので、事前にこれを読んでおくといいでしょう。

油そば|奈良 面塚「屋台ちかみちらーめん」


また、店内にもちゃんと食べ方を説明した貼り紙がありますので、それほど心配する必要はないと思います。

1.良~く混ぜて軽く味見 2.お好みのタイミングで生卵を割り入れ食べる 3.お好みに応じて卓上の調味料を使って調整 4.最後に割りスープを入れてホッとして下さい

※お好みで生玉子の入れるタイミングを調整して下さい。器に残ってる生玉子の量で最後のスープの表情が変化いたします。

店内の説明文より


「1.そのまま」「2.生玉子をイン」「3.調味料をイン」「4.締めはスープで」。この4段階が楽しめるので、美味しいのはもちろん、遊びとしても楽しいんですよね。


汁なし油そば@屋台ちかみちらーめん-02

壁には「油そばの食べ方」の説明がありますので、迷う心配はありません。卓上には、油そば専用の調味料として、醤油ダレ・ごま油・にぼし油・甘酢が置いてありました


専用調味料で微調整しながらどうぞ!

屋台ちかみちらーめんさんの「汁なし油そば(@800円)」は、見た目はつけ麺に似ていますが、丼の底に濃い目のタレが潜んでいます。

麺は平打ちのモチッとしたタイプで、温めた状態になっています。具材は、分厚いチャーシュー・メンマ・刻みネギ・ナルト・海苔・魚粉・ゴマ。これをかき混ぜていただくので、見た目は良くありませんが、さすがの美味しさでした!

「1.そのまま」だと、まろやかな焼きそばのよう。口当たりの滑らかさに欠けています。「2.生玉子をイン」すると、味わいも口当たりもググッと良くなりますね。このままでも十分にいけますが、醤油ダレ・ごま油・にぼし油・甘酢などの「3.調味料をイン」していくと、より楽しいです。私は、醤油ダレとにぼし油を追加しました。最後のスープも調味料で調整しながら楽しめますね。

それぞれ好みはあると思いますが、色んな意味で楽しめる一食ですので、ぜひ販売期間中にチャレンジしてみてください!


汁なし油そば@屋台ちかみちらーめん-03

「汁なし油そば(生玉子付き)」のルックス。つけ麺のつけ汁の代わりに生卵がある、という印象ですね

汁なし油そば@屋台ちかみちらーめん-04
アップで。具材は、分厚いチャーシュー・メンマ・刻みネギ・ナルト・海苔・魚粉・ゴマ。どれもレベルが高くて美味しい素材ばかりです

汁なし油そば@屋台ちかみちらーめん-05
麺は、平打ちのモチッとした食感のもの。温めた状態で出てきます

汁なし油そば@屋台ちかみちらーめん-06
丼の底に濃い目のスープが潜んでいますので、しっかりと混ぜていただきます。見た目は悪いですが美味しいかったですね!ただ、想像よりも魚ダシが弱めで、生玉子を投入する前の一口目では「まろやかな焼きそば」のように感じました。しかし、生玉子を割り入れると、口当たりも味わいも、まろやかに一変!後は調味料をお好みで追加しながら楽しみます

汁なし油そば@屋台ちかみちらーめん-07
食後には、ポットに入った割りスープを投入していただきます。この段階でも、醤油だれやにぼし油を追加して、味を調整しながらいただくと楽しいですね

汁なし油そば@屋台ちかみちらーめん-08
最後まで美味しく完食しました!調味料を追加しながらいただくと、それだけで楽しくていいですね



大きな地図で見る


■屋台ちかみちらーめん

HP: http://ameblo.jp/chikamiti
住所: 奈良県磯城郡川西町結崎1889-1 (「喫茶yorimichi」さんの駐車場)
電話: 非公開
定休日: 不定休(雨天休業)
営業時間: 月~木 18:00-22:00、金土 18:00-23:00、日 11:30-15:00
駐車場: 数台分あり
アクセス: 近鉄橿原線「結崎駅」から徒歩15分(西名阪法隆寺ICより車で15分)


■参考にさせていただきました!
一日一麺: 屋台ちかみちらーめん 汁なし油そば、味玉(3回目)










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ