2015-09-23

老舗が作る絶品キャラメルポップコーン『出由本店』@大和高田市

老舗が作る絶品キャラメルポップコーン『出由本店』@大和高田市

「文政2年(1819年)」創業の老舗の豆問屋『出由(でよし)本店』さん。本社1階のショップでは、同社が製造した豆類が購入できます。この日いただいた、同社オリジナル「キャラメルポップコーン」シリーズ(全8種類)は、キャラメルの味が優しく、どこか懐かしいようで新しいハイカラなお味。まろやかでとっても美味しかったです!。1袋250円(35g入)とお手頃ですし、いつか全品食べ比べしてみたいですね!


文政2年(1819年)創業の豆問屋さん

大和高田市内本町にある、「文政2年(1819年)」創業の老舗の豆問屋『出由(でよし)本店』さん(食べログ)。

奈良県内で豆類を販売しているお店というと、奈良市の「ぜいたく豆本舗」さん、天理市の「中西ピーナツ」さん(紹介記事)などが思い浮かびます。

出由本店さんは豆の製造問屋のため、一般にはやや馴染みが薄いかもしれませんが、本社にアンテナショップがあり、そこで直接商品を購入することもできます。


キャラメルポップコーン@出由本店(大和高田市)-01

文政2年創業の豆問屋『出由本店(でよしほんてん)』さん。JR和歌山線「高田駅」から徒歩3分の位置に本社があり、1階部分がアンテナショップになっています。メインの通りから少し入っているためやや気づきづらいかも。近くには工場もあります


約5年間かけて開発した新製品です

出由本店さんの本社ショップでは、製造した豆類などが直売されており、リーズナブルにいろんな商品が購入できます。

その中でも注目なのが、同社オリジナル商品の「キャラメルポップコーン」シリーズです。2014年8月にニュースになっていたものを記憶していたのですが、ようやく購入することができました!

約5年間かけて、ポップコーンとナッツに、あめ状のキャラメルを分厚くコーティングする技術を独自開発し、商品化。長谷川芳己社長(63)は「昔からの豆問屋の技術が生かされている」と話す。

 ただ、豆類を原料として扱うのが本業であることから、当初は配布用のみ製造し、販売する予定はなかった。けれども、配布した取引先から、どこにもない品として好評を得た上に、発売に関する問い合わせも相次いだことから、商品化することを決断した。

 商品化にあたっては素材にもこだわった。マカダミアナッツは、大和高田市の姉妹都市である豪州・リズモー市のもの。はちみつも県産品を用い、バターはコクがあってさっぱりした味のものを厳選した。


「老舗の豆屋さんが作るこだわりのキャラメルポップコーン」というのですから、これは美味しそうですよね!

キャラメルポップコーン@出由本店(大和高田市)-02
出由本店さんの本社ショップの一部。壁面に製造した豆類の商品がずらりと並びます。そして、一番目立つ平台には、オリジナルの「キャラメルポップコーン」各種が並びます!

キャラメルポップコーン@出由本店(大和高田市)-03
出由本店さんのキャラメルポップコーンは、全8種類で各250円。「濃厚味・濃厚クリーミー味・クリーミー味・塩味・抹茶味・ココア味・ゆず味・珈琲味」とあり、それぞれ「マカダミアナッツ入り」と「カシューナッツ入り」が選べます。小袋入で便利ですし、ギフト用の箱詰めもしてもらえます


キャラメルがまろやかでべたつかず美味!

キャラメルポップコーン@出由本店(大和高田市)-04
さんざん悩んだ末、この日は「ミルキー キャラメルポップコーン マカデミアナッツ入り」と「塩 キャラメルポップコーン カシューナッツ入り」を購入しました(いずれも@250円)。さらに、大好物の「いかり豆」もいただきました

キャラメルポップコーン@出由本店(大和高田市)-05
出由本店さんの「ミルキー キャラメルポップコーン マカデミアナッツ入り」。ポップコーンがしっとりとした食感のキャラメルでコーティングされていて、どこか懐かしいようで新しい、ハイカラなお味になっていました。本当に美味しかったです!

キャラメルポップコーン@出由本店(大和高田市)-06
アップで。キャラメルたっぷりですが、べたついたりせず気軽につまめます。マカデミアナッツの量はそれほど多くありませんが、旨味がしっかり。贅沢なアクセントになってくれます。最近はポップコーンも進化していると聞いてはいましたが、これは食べる価値ありますね

キャラメルポップコーン@出由本店(大和高田市)-07
こちらは「塩 キャラメルポップコーン カシューナッツ入り」。キャラメルからほのかな塩味が感じられて、こちらも美味!全8種類(さらに豆の違いで×2倍)ありますが、全種類を食べ比べてみたくなりますね

キャラメルポップコーン@出由本店(大和高田市)-08
大きめのカシューナッツがごろんと入っています。それぞれ「35g」と小分けの包装になっているので、量はそれほど多くありません。「もうちょっと食べたいな」と思いながら食べ終わるのがちょうどいいのかもしれません。この他にもキャラメルコーティング系の豆菓子は何種類もあって、出由本店さんの「商品案内」ページでも紹介されています。ぜひお試しあれ!



■出由 本店

HP: http://www.deyoshi-honten.com/
住所: 奈良県大和高田市内本町1-10
電話: 0745-52-1415
定休日: 日曜
営業時間: 9:00 - 18:00
駐車場: あり
アクセス: JR和歌山線「高田駅」から徒歩3分


●【食べログ】の該当ページへ

出由本店 (デヨシホンテン) - 高田/その他


■参考にさせていただきました

キャラメルポップコーン新発売 - 大和高田の豆問屋・出由本店 | 経済 | 奈良新聞WEB


■関連する記事










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ