2015-05-23

(仮想版)『カントリーサインの旅』奈良で試したら?

(仮想版)『カントリーサインの旅』奈良で試したら?

北海道発の人気番組『水曜どうでしょう』。この番組内の企画で、カードを引いて行き先を決め、全市町村を制覇することを目指す「カントリーサインの旅」というものがありました。物好きな私としては、これを奈良でやってみたいのですが、実際にどのくらいの時間がかかるのでしょうか?机上でシミュレーションしてみましたが、「とんでもなく大変」ということだけははっきりと分かりました(笑)


『水曜どうでしょう』大好きです!

今でもカルト的な人気を誇る、北海道発のローカル番組『水曜どうでしょう』(Wikipedia)。

ドラマにバラエティにひっぱりだこの、若かりし頃の大泉洋さんを排出した伝説の番組です。個人的にも大好きな番組で、リターンズやClassicといった再放送を撮りためては、今でも定期的に見返したりしています。

番組中ではさまざまな企画が行われますが、もっとも有名なのは、サイコロを振って行き先を決める旅「サイコロの旅」シリーズでしょう。

サイコロ運が悪いと、夜行バスやフェリーに長時間乗車して、用もない遠くの街へ移動しなければならないなど、現在のテレ東系の低予算旅番組の走りのような内容で、当時(1996年ごろ)はとても斬新でした。


奈良で「カントリーサインの旅」をやったら?

この番組の企画の中で、「奈良でも一度試してみたい」と思っていたものがあります。

それは「カントリーサインの旅」です(正式には「北海道212市町村カントリーサインの旅」)。

カントリーサイン(Wikipedia)とは、各市町村の境界に立てられ、「ここから●●市に入ります」という目印になるもののこと。

ルールはシンプルで、「北海道の212市町村のカントリーサインが印刷されたカードを引く」→「その市町村に向かう」→「カントリーサインの前で次の目的地の抽選を行う」ということを繰り返し、全市町村を制覇することを目標とします。

ちなみに、A町から遠く離れたB町へ向かう際に、途中で他の町を通り過ぎたとしても、それはカウントされません。

奈良でいうと、奈良市で「十津川村」カードを引いた場合、その間に「天理市→桜井市→吉野町→黒滝村→天川村→五條市」と経由するルートをとれますが、これは単に通過しただけ。あくまでも十津川村をクリアしただけというルールです。

つまり、最悪のドローの場合、「奈良市→十津川村→生駒市→下北山村」という南北への大移動が続く可能性もあるのです!

(仮想版)『カントリーサインの旅』奈良で試したら?-01
北海道札幌市のカントリーサイン。奈良県には北海道のように全市町村にイラスト入りのカントリーサインは存在せず、市町村名と市町村章が入った地味目のものになります(Sapporo city limit sign" by Ozizo - Ozizo's file. Licensed under パブリック・ドメイン via ウィキメディア・コモンズ

(仮想版)『カントリーサインの旅』奈良で試したら?-02
広陵町の看板。町の良さをアピールしたものですが、これもカントリーサインに近いかも


奈良の39市町村をバーチャルで巡ります

これを奈良でやったら、どのくらいの時間がかかるのでしょうか?

ちなみに、現在、奈良県には「12市・15町・12村」あり、つまり39市町村をめぐることになります。

●市(奈良市、大和高田市、大和郡山市、天理市、橿原市、桜井市、御所市、生駒市、香芝市、葛城市、宇陀市、五條市)

●町(平群町、三郷町、斑鳩町、安堵町、川西町、三宅町、田原本町、高取町、上牧町、王寺町、広陵町、河合町、吉野町、大淀町、下市町)

●村(明日香村、山添村、曽爾村、御杖村、黒滝村、天川村、下北山村、上北山村、川上村、東吉野村、野迫川村、十津川村)


番組内のルールとはいくつか違う「簡易版」となりますが、机上でシミュレーションしてみました。

●時間の測定などは「Google Maps」を使用します
●本来は市町村の境界線まで行けば目的達成ですが、マップ上だと判別が難しいため、各市町村の役場を目的地とします(実際よりも移動距離は伸びます)
●1日12時間ずつ活動することにします

南北に広い奈良県ですから、やはり北部の奈良市・生駒市あたりと、南部の十津川村などをバランス良く引くことが重要でしょう。

なお、奈良県内の役場間で、もっとも距離が長いのは「生駒市役所→(2:52)→下北山村役場」のようです。移動距離113km!意外と近いような気がしますが、きっと気のせいです(笑)


(仮想版)『カントリーサインの旅』奈良で試したら?-03

抽選のため、コピー用紙の裏側に市町村名を書き出し、適当に切ったカードを作りました。39市町村もあるとなかなか大変ですが、飲みながら遊びでカードを引いてみると楽しいですよ(笑)


上牧町→天川村→橿原市→野迫川村→川西町→十津川村!

シミュレーション初回<1日目>

奈良市→(0:35)→田原本町→(0:45)→大淀町→(0:54)→天理市→(0:46)→葛城市→(0:46)→大和郡山市→(0:32)→上牧町→(1:25)→天川村→(1:09)→橿原市→(1:52)→野迫川村→(2:09)→川西町→(2:21)→十津川村

●1日目の移動時間 13:14

前半は、北部から中部の市町村名が続いて、移動距離1時間未満が続きました。しかし、中盤から中部と南部を交互に引き当てる最悪のパターンで、2時間クラスの長距離移動が続きました。

「上牧町→天川村→橿原市→野迫川村→川西町→十津川村」って、リアルで移動するとしたら悪夢ですよね(笑)


(仮想版)『カントリーサインの旅』奈良で試したら?-04

「川西町→十津川村」の移動。距離にして90kmほどですが、たっぷり2時間20分もかかります


シミュレーション初回<2日目>

十津川村→(2:23)→三宅町→(0:19)→王寺町→(0:31)→生駒市→(0:47)→香芝市→(0:19)→河合町→(1:07)→曽爾村→(1:05)→広陵町→(0:20)→斑鳩町→(0:42)→御所市→(1:25)→上北山村→(0:33)→下北山村→(1:26)→吉野町→(0:37)→黒滝村→(0:49)→五條市

●2日目の移動時間 12:23

十津川村から三宅町へ戻るのは時間がかかりましたが、それ以外はなかなか無難にまとまりました。「上北山村→下北山村」と引くなんて強運!この日だけで15市町村を制覇しています。


シミュレーション初回<3日目>

五條市→(0:58)→東吉野村→(0:46)→明日香村→(0:57)→山添村→(1:01)→高取町→(0:45)→安堵町→(0:21)→平群町→(0:58)→宇陀市→(1:18)→三郷町→(1:16)→御杖村→(1:12)→大和高田市→(0:34)→桜井市→(0:44)→川上村→(0:37)→下市町

●3日目の移動時間 11:27

移動時間もほぼ1時間前後で、特に波乱もなし。県東部の山添村や御杖村も、名阪国道があるおかげで移動時間は比較的短めです。

3日間の合計移動時間は「37:04」でした!


2回目は40時間オーバー。これはしんどい

シミュレーション2回目<1日目>

広陵町→(0:48)→吉野町→(0:37)→橿原市→(0:31)→大淀町→(0:45)→田原本町→(2:06)→下北山村→(2:22)→安堵町→(1:01)→下市町→(0:59)→安堵町→(0:17)→三郷町→(0:17)→河合町→(0:57)→五條市→(1:12)→生駒市→(0:38)→三宅町

●1日目の移動時間 12:30

「田原本町→下北山村→安堵町」という厳しい移動がありましたが、そこからの「安堵町→三郷町→河合町」という磯城郡エリアを連続で引いたことで取り返した感じですね。


シミュレーション2回目<2日目>

三宅町→(0:39)→山添村→(0:32)→宇陀市→(0:49)→王寺町→(0:15)→平群町→(2:24)→野迫川村→(2:35)→奈良市→(2:09)→上北山村→(0:39)→川上村→(1:14)→明日香村→(1:18)→川西町

●2日目の移動時間 12:31

「平群町→野迫川村→奈良市→上北山村」という最悪のパターン。この移動だけで7時間もかかります。実際に車を運転してたら気が遠くなりそうです(笑)


(仮想版)『カントリーサインの旅』奈良で試したら?-05

「平群町→野迫川村」の移動。80kmほどの距離ですが、びっくりするほど時間がかかりますね(笑)


シミュレーション2回目<3日目>

川西町→(2:21)→十津川村→(2:12)→東吉野村→(0:39)→曽爾村→(1:14)→葛城市→(1:13)→御杖村→(1:10)→御所市→(0:42)→天理市→(1:25)→黒滝村→(1:17)→香芝市

●3日目の移動時間 12:13

3日目も良くないタイミングで十津川村カードを引いてしまい、長距離移動が挟まります。それ以外も1時間単位の移動が続き、4日目に突入しました。


シミュレーション2回目<4日目>

香芝市→(0:37)→大和郡山市→(0:40)→桜井市→(0:31)→大和高田市→(0:20)→上牧町→(1:26)→天川村→(0:53)→高取町

●4日目の移動時間 4:27

中部エリアのカードが残ったので、比較的すいすいと。

4日間の合計移動時間は「41:41」でした!


<結論>リアルでやるのは遠慮しておきます










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ