2008-03-31

鉄道ビュッフェ『シルクロードの終着駅』へGO!

シルクロードの終着駅

東大寺近くに出来た新施設『夢しるべ風しるべ』に行った際、「奈良県初の鉄道模型カフェ」という『シルクロードの終着駅』で食事をしてみました。

鉄道の知識は全く無い私たちですが、なかなか変わった世界もあるもんですね~。


鉄オタさん憩いの場になれるか?

最近、全国的に増えていている・・・という噂の「鉄道カフェ」。基本的には、鉄道のジオラマを眺めながら、お茶を飲んだり食事をしたり、そして鉄道マニアの店員さんと鉄道談義をして楽しむ、という鉄オタさんの憩いのスポットになるんだと思います。

奈良の真ん中にこんなものが必要なのかどうかは分かりません。でも、私たちがここで食事をする前も、食事をしている間も、ものすごい数の人が窓から中の様子を覗いていましたし、その中には明らかに鉄オタさん(兼カメラオタク)っぽい方もいましたので、それなりにインパクトがあるのかもしれませんね。

私のように全く何の知識も持たない方のために、改めてご説明しますと・・・。この『シルクロードの終着駅』というお店は、2つのスペースに分かれています。

・「Nゲージコーナー(軌間:9mm)」 フリードリンク(@700円)の喫茶タイプ。巨大なジオラマの周りをカウンター席が取り囲んでいます。ゆっくりと時間を潰したいならコチラ

・「HOゲージコーナー(軌間:16.5mm)」 フリードリンクは不要。単品注文するタイプはコチラ。軌間が広いHOゲージは迫力も違うんだそうです。ちょっと高級感のあるソファー席もあります

ちなみに、どちらも別料金でジオラマの列車を運転することもできるそうです!これがどこまでスゴイことなのかは私にはサッパリ分かりませんが、マニアさんやお子さんには楽しいでしょうね。


シルクロードの終着駅-01

『夢しるべ風しるべ』内にオープンした、鉄道ジオラマビュッフェ「シルクロードの終着駅」。奈良県初の鉄道模型カフェの誕生らしいです。入口も当然ソレっぽいですね

シルクロードの終着駅-02
店内は「Nゲージコーナー(フリードリンクの喫茶タイプ)」と「HOゲージコーナー(単品でメニューを注文するタイプ)」の2種類に分かれています

シルクロードの終着駅-03
HOゲージコーナーの様子。店内スペースのほぼ半分はジオラマで使用しています。その大きさに驚かされます

シルクロードの終着駅-04
HOゲージコーナーのカウンター席。鉄道模型が走る姿を目の前で見ることができます。ちなみに、Nゲージコーナーでは、ジオラマを取り囲んでカウンター席が並ぶスタイルでした

シルクロードの終着駅-05
カウンター席の隣には、こんなスペースも。どことなく場違いな感じもして、ホストクラブみたいに見えないこともありません(笑)

シルクロードの終着駅-06
Nゲージコーナーを、店の外のガラス越しに撮影したもの。奈良っぽさと、新幹線が勢揃いした近代的な雰囲気が混在。ジオラマを取り囲んで、全てカウンター席になっています


ボケーッと見てると意外と楽しい!

私たちが入店したHOゲージコーナー。店内にいらっしゃった管理者の方から簡単にお話を伺ったのですが、昭和40年代の奈良の風景をイメージしてジオラマを作ってあるのだそうです。五重塔があったり、ちょっと古めかしい商店の模型があったり・・・というだけではなく、(当然ですが)ちゃんと当時の型式の電車を走らせているのだそうです。

後からHPで調べたのですが、「近鉄 モニ 2300系」「近鉄 モ 600系 張上げ屋根」「南海 クハ 2801系」などなど・・・で、私には結局サッパリ分かりません(笑)

しかし、片側のJRゾーンでは、幼い頃から身近に走っていた電車たちの姿もあって、ちょっと嬉しかったですね~。特にそこから話が広がるワケでもないのですが、意外とボケーッと電車が走る姿を見ているのも、頭が空っぽになっていいのかもしれませんね。

ただし、プラレールのように同じ路線に何本もの電車を走らせるものではありませんので、やや印象としては地味かもしれません。また、意外と電車の音がうるさかったので、少なくとも読書には向かないと思います。

この日はもう夕方でしたので、私たち以外のお客さんが居なくなった時間帯もあったため、ローアングルから写真を撮ったりと、意外と楽しめました。ただし、こんなシーンを撮影した経験がなかったので、後からチェックしてみたらかなりブレてました(笑)

シルクロードの終着駅-07
古い街並みを再現したジオラマの中に、堂々と五重塔が!田舎風の懐かしい雰囲気がよく再現されていると思いました

シルクロードの終着駅-08
夕方から夜タイムへ突入すると、店内の照明も青い落ち着いたものに変わります。かなり暗いため、走っている電車を写真に収めるのもひと苦労でした!

シルクロードの終着駅-09
五重塔といい感じの8の字カーブ

シルクロードの終着駅-10
昭和40年代の近鉄電車と、奥は南海電車の車輌だそうです。正直、その頃は奈良とは無縁な土地に住んでいたため、個人的には何の感慨もありませんが・・・。隣に特別出演している近鉄アーバンライナーだけは分かります

シルクロードの終着駅-11
こちらは店の奥手のJRゾーン。車輌の型式などはサッパリ分かりませんが、全て私の田舎でも見かけたものばかりですので、ちょっとだけテンションが上がりましたね(笑)

シルクロードの終着駅-12
颯爽と走る電車・・・ですが、全く写ってませんね~


食事は・・・ファミレスレベルか・・・

最後に、この日私たちが食べた「カレー(@1,000円)」と「サンドイッチ(@800円)」ですが・・・、まぁ期待しないでください。食べた後に何の印象も残らない「ファミレスレベル」ってところでしょうか?

こんな施設ですから、ある程度高いのは仕方ないと思いますし、マンガ喫茶のメシが美味しくないのと同じことだと思えば、腹が立つほどではないかもしれません(笑)

シルクロードの終着駅-13
私が頼んだ「カレー(@1,000円)」。味は全く平凡ですが、想像よりは量が多めでちょっと嬉しかったです。お値段が高いのは、まぁ仕方ないところでしょう

シルクロードの終着駅-14
相方が頼んだ「サンドイッチ(@800円)」。味はいたって普通だったそうです。隣に写っているのが運転席。本格的ですね~


※マウスの乗せると「i」のマークが現れます。それをクリックするとコメントが表示されます。

■画像の一覧は【Flickr】でどうぞ。



大きな地図で見る


シルクロードの終着駅

住所: 奈良県奈良市春日野町16番地 ふれあい回廊「夢しるべ風しるべ」内
電話: 0742-25-0231
営業時間: 10:00 - 22:00
駐車場: 68台(「夢しるべ風しるべ」の共有駐車場)
アクセス: 近鉄奈良線「近鉄奈良駅」下車、徒歩12分。奈良交通バス・市内循環外回り「氷室神社・国立博物館」下車、徒歩1分。










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ