2016-04-06

第3号「奈良のレトロ系町歩き」発売 @リトルプレス【奈良充】

第3号「奈良のレトロ系町歩き」発売 @リトルプレス【奈良充】

ブログ「奈良に住んでみました」のスピンオフとして発行している、有料のリトルプレス【奈良充(ならじゅう)】。第3号「奈良のレトロ系町歩き ~昭和の香りを探して~」の販売を開始しました。奈良県内各地の”昭和テイストあふれる町並み”を歩いた、かなり渋めの内容です。

書籍版は、奈良市「フルコト」さんと「ことのまあかり」さん、大和郡山市「とほん」さん。電子版は「たびのたね」さんよりご購入いただけます!


「観光地以外の奈良」も楽しいものです!

ブログ「奈良に住んでみました」のスピンオフ企画としてスタートした、有料のリトルプレス(ZINE)【奈良充(ならじゅう)】(書籍版 400円、電子版 250円)。

●創刊号「奈良のマンホールのふた ~足元のアート作品~」(2014年12月発売)
●第2号「口ずさみたい万葉集の歌50 ~奈良を想う名歌~」(2015年12月発売)

この2冊に続いて、第3号「奈良のレトロ系町歩き ~昭和の香りを探して~」の発売を開始しました。

歴史ある町並みが多数のこっている奈良。本書では、奈良の”昭和テイストあふれる町並み”に注目し、画像でご紹介します。駅周辺や街道沿いには、時間が止まったような懐かしい雰囲気がそのまま見つかります。また、他ではあまり見られない、宗教的・産業的なエリアも歩いてみると楽しいものです。観光ガイドに載らない奈良の魅力を発見してみてください


私たちは奈良の観光地だけではなく、いろんな町をぶらぶらと歩くことを趣味にしています(ブログのカテゴリ「奈良てくてく歩き」などの記事です)。奈良町や今井町など、長い長い歴史があって貴重な建築物がのこされている町並みを歩くと、まるでタイムスリップしたような気分になって楽しいものです。

しかし、そういった有名スポット以外にも、奈良は歩いて楽しい「昭和」な町並みがたくさんのこされています。

駅前のちょっと寂れた商店街、かつてたくさんの旅人が行き交った街道筋の建物、メインの通りから1本入った裏路地の味のある民家、佇まいに歴史を感じさせる商店など。昭和生まれの私にとってとても懐かしい風景が、歩いて散策できる範囲にぎゅっと詰まっているのです。

扱いの大きい小さいはありますが、ご紹介したエリアは、「大和郡山(2ページ)・桜井・田原本・大和高田・御所・大淀・下市・京終・大和八木・天理・宝山寺」です。

(※電子書籍版には、書籍版に入りきらなかった「吉野貯木」のページをオマケとしてお付けしています)

おそらく他の媒体ではほとんど取り上げられることのない”昭和レトロな奈良”をご紹介していますので、いつもよりもさらに地味めな誌面になっていますが、興味をお持ちいただけた方はぜひご覧ください!


リトルプレス【奈良充】03-奈良のレトロ系町歩き-02

私たちが発行するリトルプレス【奈良充(ならじゅう)】第3号「奈良のレトロ系町歩き ~昭和の香りを探して~」の表紙。奈良県内各地のちょっと懐かしい風景を集めて、画像中心でご紹介しています。表紙の写真の一枚一枚が、どれもなかなかの地味系です(笑)

リトルプレス【奈良充】03-奈良のレトロ系町歩き-03
冒頭の2ページを使って、私たちの町歩きの趣旨・お楽しみポイントなどをご説明しています。個人的に、民家や商店を問わず「昭和の建築物」の佇まいが大好きなので、ぜひ注目して欲しいポイントですね

リトルプレス【奈良充】03-奈良のレトロ系町歩き-04
その他、町なかの看板・細い路地・お地蔵さまなども。そのすべてをご紹介することはできませんが、次頁から各エリアごとにこうしたものたちをご紹介しています

リトルプレス【奈良充】03-奈良のレトロ系町歩き-05
こちらは「桜井」のページ。駅周辺の商店街が味のある看板やフォントが多くて、よくカメラを片手に歩いています。なお、簡単に場所の説明などはしていますが、基本的に画像のみをずらりと並べています。「これはなにが面白いんだ?」と思われる写真もあると思いますが、それも私の個人的なツボだったんです(笑)

リトルプレス【奈良充】03-奈良のレトロ系町歩き-06
「田原本」のページ。狭い路地が多い町の中心部は、渋くて素敵な建築物の宝庫です!古いコクヨのロゴが描かれたシャッターや、虫籠窓の建物にタミヤのロゴ看板がかかっているところなど、グッと来ますね!

リトルプレス【奈良充】03-奈良のレトロ系町歩き-07
「大淀」のページ。近鉄の下市口駅の周辺は、(いい意味で)昭和がそのままパック詰めされているような雰囲気です。次頁に掲載した「下市」と一緒に歩いて散策できる距離なので、ぜひ合わせてどうぞ!

……というような内容の小冊子ですので、興味をお持ちのかたはぜひお買い求めくださいませ!


書籍版はフルコトさん&とほんさんなど

印刷・製本した書籍版(400円)は、奈良きたまちの「旅とくらしの玉手箱 フルコト」さん、奈良市小西町の「ことのまあかり」さん、大和郡山市柳の「とほん」さんで取り扱っていただいております。
いずれも通販もありますので、遠方の方でもお取り寄せいただけます!


リトルプレス【奈良充】03-奈良のレトロ系町歩き-08

奈良きたまち「旅とくらしの玉手箱 フルコト」さんは、奈良好きのあるじたちが集まった楽しい雑貨店です。奈良・鹿・古事記・古代・古墳・正倉院など、楽しくマニアック!姉妹店の奈良市小西町「奈良の雑貨とカフェBAR ことのまあかり」さんでもお買い求めいただけます!


■旅とくらしの玉手箱 フルコト

HP: http://www.furukoto.org/
Twitter: @furukoto

住所: 奈良県奈良市東包永町61-2 2F
電話: 0742-26-3755
営業時間: 11:00 - 17:00 or 18:00
駐車場: 1台分(若草公民館近くの「山内モータープール」)
アクセス: 近鉄「奈良駅」から徒歩約15分

※営業時間などは日によって変わります。必ず事前にホームページを確認してから来店するようにしてください。
※「通販ページ」からもお買い求めいただけます


■奈良の雑貨とカフェBAR ことのまあかり

HP: http://www.furukoto.org/kotonomaakari/
Twitter: @kotonomaakari

住所: 奈良県奈良市小西町2 2F
電話: 0742-24-9075
営業時間: 月水木 14:00-20:00、金土日 11:00-21:00
駐車場: なし(近隣の有料Pを利用)
アクセス: 近鉄「奈良駅」より徒歩2分ほど


リトルプレス【奈良充】03-奈良のレトロ系町歩き-09

大和郡山市柳「とほん」さん。金魚の町・大和郡山にある、本と雑貨のお店。4坪の店内に本好きな方が目を輝かす商品が詰まっています。センスのいいリトルプレスの品揃えも豊富です!

HP: http://www.to-hon.com/
Facebook: https://www.facebook.com/tohontohon
Twitter: @tohontohon

住所: 奈良県大和郡山市柳4-28
電話: 080-8344-7676
定休日: 木曜・祝日
営業時間: 11:00 - 17:00
駐車場: なし(近隣の有料Pを利用)
アクセス: 近鉄「大和郡山駅」より徒歩10分ほど


電子版は「たびのたね」さんからどうぞ

リトルプレス【奈良充】03-奈良のレトロ系町歩き-10
2015年6月末より、旅行・ご当地本の電子書籍サービス「たびのたね」さんからご購入いただけるようになりました。「旅行ガイドブックのいいとこどり・電子書籍サービス」を名乗るサービスで、全国的に流通していない地域密着ローカル誌なども読めますので、旅好きな方にお勧めです!(紹介記事

なお、3号「奈良のレトロ系街歩き」では、電子書籍版の特典のようなものとして「吉野貯木」のページをつけて販売しています。ページ数の都合で書籍版に入りきらなかっただけですが、こういった時には電子書籍は便利ですね(笑)

印刷費がかかっていない分、お値段も割安となりますので、ぜひ電子書籍版もよろしくお願いします!

販売ページ: たびのたね(奈良ローカル通信のページ)

バックナンバーも発売中です!

リトルプレス【奈良充】03-奈良のレトロ系町歩き-11

【奈良充】のバックナンバーなども販売中ですので、興味のあるかたは合わせてお買い求めいただけると嬉しいです。


創刊号「奈良のマンホールのふた」

リトルプレス【奈良充】01-奈良のマンホールふた-01
創刊号は「奈良のマンホールのふた ~足元のアート作品~」。フルカラー・全16ページ。奈良県内の約30市町村の、約50種類のマンホールふたを収録しました(※合併前の市町村、色違いのデザインを含みます)

リトルプレス【奈良充】01-奈良のマンホールふた-03
こちらは「大和郡山市」のページ。金魚の町だけに、金魚鉢に入った可愛らしいデザインです。下部には、ノーマル版と家庭用の小型のデザインも掲載しました。かなりマニアックな内容ですが、一部ではご好評をいただいております(笑)


第2号「口ずさみたい万葉集の歌50」

ZINE【奈良充】02-口ずさみたい万葉集の歌50-02
第2号のテーマは「口ずさみたい万葉集の歌50」です。言葉遣いがわかりやすく、音を聞いただけで理解しやすい歌を中心に、50首をセレクトしてご紹介しています

ZINE【奈良充】02-口ずさみたい万葉集の歌50-04
「奈良」のページ。遠く離れた場所から奈良の土地を懐かしく思い浮かべた歌などを集めています。この他、飛鳥や吉野、三輪、葛城などのエリアの歌もご紹介しています。よろしければぜひご覧ください!


■リトルプレス【奈良充】

価格: 書籍版 400円、電子版 250円
ページ数: 01号-16ページ、02号-20ページ、03号-16ページ(電子書籍版は17ページ)
サイズ: A5


●書籍版 取り扱い店舗
・奈良きたまち「旅とくらしの玉手箱 フルコト」さん
・奈良市小西町「ことのまあかり」さん
・大和郡山市柳「とほん」さん

●電子版 取り扱いサイト
・旅行ガイド・ご当地本をいいとこどり!「たびのたね」さん


■関連する記事










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ