2015-02-09

奈良の冬の灯りイベント『しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2015』

奈良の冬の灯りイベント『しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2015』

奈良の冬の夜を、美しい灯りで彩る『しあわせ回廊 なら瑠璃絵』(2月14日まで)。凛と冷えきった冬の空気に、染みわたるような青い光が輝き、パネルを使ったアートプロジェクションなど、色んなタイプの作品が観られます。イルミネーションを観ながら歩くだけでも楽しいですので、十分に温かい格好をしてお出かけください!


凛と冷たい冬の空気を青い灯りが包みます

奈良の真冬のイベント『しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2015』。2010年に始まり、今年が6回目を迎えます。2014年には、6日間で約37万人が訪れるなど、奈良の冬の灯りイベントとして定着してきました。

・春日大社、興福寺、東大寺の夜間拝観
・東大寺鏡池、奈良国立博物館前での光のアート
・提灯を手に寺社をめぐるツアー
・春日大社での「光の夜神楽」(19時)
・奈良公園の誕生日(14日)には花火も

など色んな企画があります。イルミネーションを観ながらふらりと歩くだけでも楽しいですので、十分に温かい格好をしてお出かけください。

なお、なら瑠璃絵では、「三脚等を使用した地面にカメラを固定しての撮影は禁止にさせていただきます」というルールです。三脚や一脚は使用できませんので、お気をつけください。


興福寺で美しいアートプロジェクション

興福寺」では、国宝館の前で、12枚のパネルを使用し、静かな音楽とともに映像が切り替わる「アートプロジェクション」が開催されています。和の映像、いろはにほへと、宇宙の映像などが滑らかに移り変わり、最後は十二神将のシルエットが!数分の作品ですが、うっとりと拝見しました。

また、興福寺の東金堂・国宝館は、この期間だけの夜間特別拝観(入館料が必要)を行っています。夜の仏さまはまた雰囲気が違いますので、ぜひお会いしてみてください!


しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2015-01

しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2015-02

しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2015-03

しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2015-04


奈良博では、池に浮かぶミラーボーラー!

奈良国立博物館」では、新館前の池を使って、美しいオブジェ「ミラーボーラー」が設置してあります。球型の枠の中に仏像のような蓮弁が設置され、その上にキラキラと輝くミラーボール!反射した光が、建物や周囲の木々に反射するのも見事でした。

奈良博でも、夜間特別拝観(入館料が必要)を行っています。現在、特別陳列「お水取り」、特集展示「和紙-文化財を支える日本の紙-」などが見られます。


しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2015-05

しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2015-06

しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2015-07

しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2015-08


東大寺鏡池でのウォータープロジェクション

東大寺」では、中門前の鏡池を舞台にして、巨大な「ウォータープロジェクション」が観られます。水を噴射して細かい霧を作り出し、それをスクリーンにして映像を投影するもの。映像は、おそらく昨年と同じものでしょう。大きな仏さまのシルエットにサイケデリックな色合いで蓮の花などが映しだされ、見事なものでした。


しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2015-09

しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2015-10

しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2015-11

しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2015-12

しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2015-13


「観相窓」が開き、大仏様のお顔が見えます

また、なら瑠璃絵の期間中、東大寺の南大門・大仏殿がライトアップされます。大仏殿は、中門の外側からの拝観になりますが、大仏殿の「観相窓(かんそうまど)」が開き、遠くからでも奈良の大仏さまのお顔が見えるようになっています!

最近は、こうしたイベントの際に観相窓が開かれることも出てきましたが、基本的にはお正月とお盆にしか拝見できない貴重なお姿です。ぜひじっくりとご覧ください。

また、その下で国宝「八角燈籠」が点灯していますので、こちらもお見逃しなく!

しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2015-14

しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2015-15

しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2015-16
東大寺南大門の「仁王像」(国宝)もライトアップされています。金網越しのため、昼間よりも夜の方が見やすいですし、写真うつりもいいんです!


吉野本葛+ココア=「しあわせココア」!

新公会堂」では、今年もなら瑠璃絵のオフィシャルドリンク「しあわせココア」(500円)が販売されています!

奈良名物の「吉野本葛」とココアがコラボしたもので、創業400年の老舗「黒川本家」さんの作。毎年飲んでいますが、まろやかで本当に美味しいんです!とろりとした口当たりも心地よくて、冷えた体を中から温めてくれます。

また、人気店舗が出店した「バレンタインマーケット」も開催されていますので、ここでちょっと休憩するといいですね。

しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2015-17

しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2015-18

しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2015-19

しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2015-20


新公会堂の「冬七夕ロード」は必見!

新公会堂の庭園は、鮮やかなLEDの灯りで埋め尽くされていて、本当に見事です!

今年は時間の関係で無料エリアからのみ拝見しましたが、それでも十分に楽しめました。スマホで撮影しても綺麗に写りますし、記念撮影にちょうどいいですね。

しかし、せっかくですから、やはりエリア内の「冬七夕ロード」も歩いてみてください。「花たんざく」(大人500円)を購入した方だけが歩ける有料エリアで、奥にある冬七夕ツリーにたんざくをかけられます。周囲すべてが青い灯りに包まれるような、とても迫力のある光景が観られます!


しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2015-21

しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2015-22

しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2015-23

しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2015-24

しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2015-25

しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2015-26

しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2015-27


春日野園地に巨大な「傘」のオブジェ

また、春日野園地の広々としたエリアに、青い灯りのゲートと、巨大な黄色い傘のオブジェが設置してあります。

この傘、説明がないので詳しいことは不明ですが、かなり巨大です!持ち手のところだけで1mくらいあると思います。傘の部分に細かな穴が空いていて、灯りが地面に差し込んでいました。遠くに大仏殿の鴟尾が見えるような場所に、こんな巨大オブジェがある光景というのも、なんとも不思議で楽しかったです(笑)


しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2015-28

しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2015-29

しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2015-30

しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2015-31

しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2015-32


春日大社では「イルミ奈~ラ」開催中

引き続き『イルミ奈~ラ』(紹介記事)が開催されています。なら瑠璃絵と同じ系統の灯りのイベントですから、こちらも合わせて観てみるといいですね。「イルミ奈~ラ+なら瑠璃絵(有料ゾーン)」のお得な共通券(1,200円)も販売していました。

また、春日大社でも、夜間特別拝観(拝観料が必要)が開催されています。夜に拝観するとまた雰囲気が違って素敵でしょう。また、LEDの灯りに導かれるように静かな参道を歩くだけでも気持ちいいものでした。参道を夜も「鹿みくじ」などのおみくじなどいただけますので、ぜひお詣りしてみてください!

しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2015-33

しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2015-35

しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2015-36

しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2015-37

しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2015-38

しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2015-39

しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2015-34
昨年に拝見して、幻想的な姿に感動した「光の夜神楽」は、春日大社の参道沿い「着到殿」に場所を移し、毎晩19時から催されます。私たちはそのことをすっかり忘れていて、見逃してしまいました……。興味のある方はお間違いなく!


■しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2014

HP: http://rurie.jp/
Facebookページ: http://www.facebook.com/nararurie
Twitter: なら瑠璃絵 (@nararurie)

開催場所: 奈良公園一帯
開催期間: 2015年2月8日(日)- 14日(土)
開催時間: 18:00 - 21:00
お問い合わせ: 0742-20-0214(なら瑠璃絵実行委員会事務局)


■関連する記事










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ