2011-08-22

「大和肉鶏親子丼」が美味!『奈良県庁食堂』@奈良市

「大和肉鶏親子丼」が美味!『奈良県庁食堂』@奈良市

奈良のど真ん中にある奈良県庁。ここの6階にある『奈良県庁 食堂』で、名物になりつつある「大和肉鶏親子丼」をいただいてきました。平日のみしか営業していませんが、リーズナブルで美味しくて、オススメのスポットですね!


食堂は県庁6階。一般客も利用できます

奈良市登大路町にある「奈良県庁」。県職員の方が働いている施設ですが、ここの6階にある食堂(『奈良県庁 互助会食堂』というそうです)は誰でも利用できることをご存知ですか?

公の施設ですから「土日祝」はお休みですし、夕方の16:00には店じまいしてしまいますので、やや行きづらいのですが、ここの食事が安くて美味しいと評判なのです。特に、地場産の「大和肉鶏」を使った親子丼が人気なのだとか。前々から噂は聞いていましたが、この日、ようやくいただくことができました。

食堂は、奈良県庁の6階にあります。知らない建物にズンズンと入っていくのは勇気が入りますが、勝手にエレベーターに乗っても怒られたりしませんので、ご安心ください。なお、通常であれば奈良県庁の職員の方々が12時ごろから一斉に食事を始めるため、その邪魔にならないよう、一般客はできれば時間をずらして利用してあげてください。


奈良県庁-01

奈良公園の真向かいにある「奈良県庁」。とても美しい建築物です。勝手にズンズンと入っていって、エレベーターに乗ってください。6階に食堂があり、屋上は展望スペースとして開放されています(※この写真は以前に撮影したものです)

奈良県庁食堂@奈良市-01
6階でエレベーターを降りると、いかにも官庁という廊下に出ます。「食堂はこちら」と案内がありますので、迷ったりもしないでしょう。この突き当たりが『奈良県庁 互助会食堂』です

奈良県庁食堂@奈良市-02
入り口はこんな感じ。今日の定食のサンプルがあり、入ってすぐの券売機で食券を購入するシステムです。12時過ぎごろから職員の方で混雑しますので、できれば一般客の利用は控えたいところですが、この日は夏の時差勤務体制だったようで、13時から長い行列になっていました

奈良県庁食堂@奈良市-05
奈良県庁食堂の中の様子。右手は窓辺の広けた席で、奥にもたくさんの席があります。トレイを持って、上に「A定食」などと書いてありますので、そこに購入した食券を差し出してください

奈良県庁食堂@奈良市-11
窓際のテラス席からの眺め。実際にはもっときれいに景色が見えます。食堂は6階ですので、飾り屋根のようなもののすぐ下になって、ちょっと面白いアングルでした


豪華な定食も「450円」!リーズナブルです

奈良県庁食堂は、入り口で食券を購入するシステムです。メニューを見てみると、豪華な定食が「@450円」でいただけるなど、かなりリーズナブルです。近所に住んでいたら通いたくなるほどですね(笑)

なお、通常メニューではトレイを持ってレーンに並びますが、「大和肉鶏親子丼(@700円)」「なら産彩オムライス(@680円)」の2品は、トレイ付きで出てくるため手ぶらでいいそうです。また、親子丼は注文を受けてから調理するため、番号札を渡されてすぐ前のベンチに腰掛けて待つシステムでした。

また、他の社員食堂などと同様に、食後も全てセルフサービスになっています。空いたお皿は奥の返却スペースに持って行って、所定の場所に返すのですが、これまでに社員食堂を利用したことがない方はやや戸惑うかもしれませんね。そんな社会体験としても面白いかもしれません。


奈良県庁食堂@奈良市-03

サンプルを見てみると、定食はABの2種類あって、どちらもわずか「@450円」!奈良市の真ん中でこのお値段ですから、これは安いですね!夏メニューとして「ざるそば(@380円)」「冷やしソーメン(@290円)」などもありました

奈良県庁食堂@奈良市-04
まずは券売機で食券を購入します。主なメニューは「A定食(@450円)」「弁当(@450円)」「カレー(@350円)」「きつねうどん(@250円)」「中華そば(@350円)」など。さらに「大和肉鶏親子丼(@700円)」「なら産彩オムライス(@680円)」などもありました


評判の「大和肉鶏親子丼」は美味でした!

初めて奈良県庁食堂の「大和肉鶏親子丼(@700円)」をいただきましたが、さすがに美味しいですね!

卵がトロットロで、お肉からは程よい歯ごたえと甘みが感じられます。他のメニューがあまりにも安すぎるため、やや割高に感じられるかもしれませんが、高価な大和肉鶏を使っているにしてはリーズナブルでしょう。これならまた何度でも食べに来たいと思える味でした。

また、限定20食の「なら産彩オムライス(@680円)」もいただきました。こちらは、「大和肉鶏・下北春まな・エリンギ・ぶなしめじ・大根・人参・玉ねぎなど。奈良県産農産物がいっぱい!」とのこと。特に特徴がある味ではありませんが、奈良の味覚が満載ですので話の種にどうぞ。


奈良県庁食堂@奈良市-06

これが奈良県庁食堂の「大和肉鶏親子丼(@700円)」。お味噌汁と漬物付きです。卵がトロットロで、お肉が程よい歯ごたえがあって、想像以上に美味しかったです!他のメニューと比較するとややお高く感じられますが、大和肉鶏を使っているにしてはリーズナブルでしょう。観光客へ県産の大和肉鶏をアピールする役割を担っています!

奈良県庁食堂@奈良市-07
奈良県庁食堂の「大和肉鶏親子丼」をアップで。大和肉鶏が見えづらいですが、本当に美味しいお肉ですよ!これなら何度でも食べたいですね

奈良県庁食堂@奈良市-08
こちらは限定20食の「なら産彩オムライス(@680円)」。説明によると、「大和肉鶏・下北春まな・エリンギ・ぶなしめじ・大根・人参・玉ねぎなど。奈良県産農産物がいっぱい!」とのこと。味付けは和風しょうゆ味です

奈良県庁食堂@奈良市-09
割ってみたら、和風しょうゆの炊き込みご飯的なものに、たくさんの野菜が入っていました。どれがどこ産のどの野菜なのかが分かりづらいのですが、このほとんどが奈良県産だと思うだけで面白いですね


これぞ関西風の「きつねうどん」もぜひ

話の種に・・・といえば、関西以外から来た方は、ぜひここの「きつねうどん(@250円)」も食べてみてください。いかにも関西のうどんらしい、かなり甘めに感じる味になっています。

関西で関西風のうどんを珍しがっているのもおかしな話ですが、街で気軽にうどんを食べると、今ではほとんどが「讃岐うどん」系の味ばかりなんですよね。もちろん探せば関西風のお店もたくさんあると思いますが、私も久しぶりに関西風のガツンと甘いうどんを食べて、ちょっとビックリしました(笑)

関西の方が関東のうどんに対して「醤油がらい」とよくいいますが、関西のうどんは私には「味醂甘い」と感じるのです。うちの奥さんの実家などでも、お揚げさん(=油揚げ)はしっとり甘く味付けてありますので、おそらくこれが一般的なんだと思います。ぜひ関東のうどんとの違いを実感してみてください!


奈良県庁食堂@奈良市-10

「きつねうどん(@250円)」もいただきました。何気なく食べたら、「これぞ関西風うどん!」というようなお味でビックリ!お揚げさんがしびれるように甘く、だしが効いたうどんつゆもなかなかの甘さです。関西の方が関東のうどんに対して「醤油がらい」とよくいいますが、関西のうどんは「味醂甘い」んですよね。これが正統派かどうかは分かりませんが、関東からの観光客の方はぜひ一度食べてみてください!


食後は「奈良県庁舎屋上広場」でのんびり

食後には、階段で屋上の「奈良県庁舎屋上広場」にも上がってみてください。奈良市内が一望できますし、無料でのんびりできる貴重な場所です。

興福寺の中金堂復元工事の覆い屋が見えたり、東大寺の宝物館「東大寺ミュージアム」が完成間近(2011年10月10日オープン)になったりと、静かな奈良も少しずつ姿を変えています。時間があればぜひ立ち寄ってみてください。


奈良県庁食堂@奈良市-12

食後には、階段を上がって屋上の「奈良県庁舎屋上広場」にも出てみてください。東大寺・大仏殿や興福寺・五重塔、若草山なども一望できます

※この記事は3年前の「なら燈花会」開催期間中のものです。普段は自分でエレベーターに乗って、自由に屋上や食堂へ出入りできます。また、奈良県庁食堂の営業時間も「15時まで」でしたが、今は「16時まで」になりました。



大きな地図で見る


■奈良県庁 食堂(互助会食堂)

HP: 参考サイト(食べログ)
住所: 奈良県奈良市登大路町30(奈良県庁6階)
電話: 0742-27-8352
定休日: 土日祝、12/29~1/3
営業時間: 8:30 - 16:00
駐車場: 有料駐車場を利用のこと
アクセス: 近鉄奈良駅から徒歩10分ほど


■参考にさせていただきました!

rei's blog : 奈良県庁食堂の大和肉鶏親子丼
★安旨!きつねうどん三昧@関西★:奈良登大路 奈良県庁食堂


●【食べログ】の該当ページへ

奈良県庁 互助会食堂 定食・食堂 / 近鉄奈良駅
昼総合点★★★★ 4.0










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ