2017-02-14

最終日には花火も!『しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2017』

最終日には花火も!『しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2017』

奈良の冬の夜を灯りで彩る『しあわせ回廊 なら瑠璃絵』(2月14日まで)。今年は最終日のバレンタインデーに来場し、「奈良公園」の誕生日をお祝いする花火も見ることができました!時間の都合で一部しか観られませんでしたが、簡単にご紹介しておきます。


8回目を迎えた真冬のイベント

今年で8回目を迎え、奈良の真冬のイベントとしてすっかり定着した『しあわせ回廊 なら瑠璃絵』。観光客数が伸び悩む真冬の集客イベントとして始まったものですが、次第に知名度もアップしているようです。

しかし、2017年は大規模な寒波が襲来して、一部の催しが中止になる日もあるなどの不運にも見舞われました。

私たちも、毎年早めに来場してイベント期間中にレポートするようにしていたのですが、今年はそれを断念して、最終日の2月14日(バレンタインデー)に行ってみました。しかし、同じように考えた方が多かったのか、ものすごい人出で驚いてしまいました!

・春日大社、興福寺、東大寺の夜間拝観
・光の演出や竹あかり(高山竹あかり)など
・提灯を手に寺社をめぐるツアー
・三社寺・奈良国立博物館特別講演会
・春日大社での「光の夜神楽」(19時)
・奈良公園の誕生日(14日)には花火も

こうしたイベントが開催されていますが、すべては周りきれなかったので、私たちが見られた部分だけをご紹介します。


夢風ひろばでは「和傘灯篭回廊」が

なら瑠璃絵2017-01
東大寺からほど近い商業施設「東大寺門前 夢風ひろば」の前を通ると、こんな和傘を使った演出がありました

なら瑠璃絵2017-03
これは『和傘灯篭回廊』として、なら瑠璃絵のイベント期間に合わせて開催したものだとか。写真は葛スイーツと創作葛料理の「吉野本葛 黒川本家」さんの店舗前。店内では和傘に映像を投映するなど、不思議な空間になっていました

なら瑠璃絵2017-04
横に並べてみたり、

なら瑠璃絵2017-05
組み合わせてみたり。

なら瑠璃絵2017-06
階段を使った演出も。風情があって、冬の夜の企画としては最高ですね!また来年以降もぜひ続けてほしいです!


奈良公園の誕生日を祝う花火も!

なら瑠璃絵2017-07
そんな様子を眺めてから、『なら瑠璃絵』の会場である奈良公園・春日野園地へ向かうと、青い光のアーチが出迎えてくれました

なら瑠璃絵2017-08
と、この時点で急に花火が打ち上がりました!(19時半から)みんなが足を止めて花火に魅入ります

なら瑠璃絵2017-09
2月14日に打ち上がる花火は、バレンタインの演出というだけではなく、この日が「奈良公園」が制定された誕生日にあたり、それをお祝いする意味もあります。2017年で137回目の誕生日になるのだとか!

なら瑠璃絵2017-10
花火の時間は15分ほどでしょうか。なかなか見事です。山頂の打ち上げ場所もシルエットで見えますね


【動画】『なら瑠璃絵2017』最終日2月14日の花火。ラストの1分弱の様子です。結構華やかでした!真冬の花火もいいものですね!


メイン会場周辺は大賑わいでした!

なら瑠璃絵2017-11
花火を満喫したら、メイン会場の「奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~」(旧・新公会堂)へ向かいます。春日野園地で花火を見ていた方たちも合流して、一気に大混雑になりました

なら瑠璃絵2017-12
施設前は大混雑!有料エリアとなる「冬七夕ロード願いの花たんざく」の入場ゲートも行列になっていました

なら瑠璃絵2017-13
温かいフードやドリンクがいただける「なら瑠璃絵マーケット」も、かなりの混雑に。私たちは、毎年恒例の黒川本家さんの「しあわせココア」だけいただきました。1杯500円とココアにしてはいいお値段ですが、まろやかでお値段以上の価値があります!ほんとお勧めです!


美しい瑠璃色の光。見事です!

なら瑠璃絵2017-14
「奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~」の庭園に入ると、一面のイルミネーション!手前の無料エリアから見て楽しむだけでもきれいなものですが、有料エリア「冬七夕ロード願いの花たんざく」(500円)だとさらに奥へと進め、光に包まれる感覚が味わえます

なら瑠璃絵2017-15
それにしても、有料エリアはすごい人出で、ずらりと行列していました。最終日の14日に来たのは初めてでしたが、まさかこんなに賑わっているとは!びっくりしました(笑)

なら瑠璃絵2017-16
ブルーのライトのグラデーションが見事ですね

なら瑠璃絵2017-17
私たちも以前体験しましたが、光の中を歩くととても幻想的な雰囲気です

なら瑠璃絵2017-18
会場の脇の水路では、光とともにスモークの演出も

なら瑠璃絵2017-19
LEDのイルカがいたり、

なら瑠璃絵2017-20
池の周りに幻想的な灯りがともったり、

なら瑠璃絵2017-21
ブルーライトの絨毯が見事だったり!寒さを忘れる美しさでした

なら瑠璃絵2017-22
奈良国立博物館の前の池にも、こんな演出が

なら瑠璃絵2017-23
帰り際に拝見した、興福寺・五重塔。寒空の下、凛とした空気が漂っていました


■しあわせ回廊 なら瑠璃絵 2016

HP: http://rurie.jp/
Facebookページ: http://www.facebook.com/nararurie
Twitter: なら瑠璃絵 (@nararurie)

開催場所: 奈良公園一帯
開催期間: 2017年2月8日(水)- 14日(火)
開催時間: 18:00 - 21:00
お問い合わせ: 0742-20-0214(なら瑠璃絵実行委員会事務局)


■関連する記事










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ