2015-08-20

菓子パン系も美味!二上駅近くのパン屋『panya junya』@香芝市

菓子パン系も美味!二上駅近くのパン屋『panya junya』@香芝市

近鉄「二上駅」から徒歩2分の『panya junya(パンヤ ジュンヤ)』さん。吉野で移動販売スタイルで営業していたお店が、2014年6月に現在地へ移転してきました。大きなお店ではありませんが、店内は焼き立てパンの芳ばしい香りが漂っています。この日はクリームぱん・自家製カレーパン・ミルククリームなどの菓子パン系を主にいただきましたが、どれもどこか懐かしくて優しい味わいで、本当に美味しかったです!


吉野から二上へ移転。早くも地元の人気店に

近鉄「二上駅」から徒歩2分の場所にある、小さなパン屋さん『panya junya(パンヤ ジュンヤ)』さん(食べログ)。

以前は生まれ故郷の吉野町で営業なさっていたそうです。実家のガレージでの販売に始まり、軽バンを使って定期的に地域をまわる移動販売をスタート。3年ほどこのスタイルでの営業を続け、お店の少ないエリアやお年寄りなどから喜ばれていたとか。

(※その頃の様子を紹介した過去記事がネットにありました→「吉野発!!移動販売のパン屋 PANYA JUNYA~パンヤ ジュンヤ~」)

現在地で営業を始めたのは2014年6月から。駅から近いとはいえ、それほど通りの多くない立地ですが、すでに多くの固定ファンがつく人気店となっています。


panya junya(パンヤ ジュンヤ) @香芝市-01

二上駅近くのパン屋さん『panya junya』さん。お店は駅前のロータリーからは外れた細い通り沿いになりますが、早くも地元で人気店になっています。駐車場はお店前に4台分あります(※お隣の床屋さんの前には停めないように)。

panya junya(パンヤ ジュンヤ) @香芝市-02
店内の様子。それほど広くはありませんが、タイルなどが上手く使ってあって、とてもおしゃれですね。ご夫婦で営業なさってます

panya junya(パンヤ ジュンヤ) @香芝市-03
入り口の正面には、大きなチョークボードが。食パンやフランスパン、クリームパンなど、それぞれのパンへのこだわりなどが描かれています


添加物は極力少なく、クリームなどは手作り

panya junyaさんでは、パンを選びながらいろいろとお話を伺いました。

外観からフランスパンなどのハード系パンがメインのお店と思われがち、とのことでしたが、菓子パンのようなシンプルなソフト系パンも人気なのだそうです。ハード系のものでもあえて生地の水分を多めにして、お年寄りでも食べやすいもっちり食感を生み出すようにているとか。

●使用する添加物はなるべく減らす。
●クリーム・あんこ・カスタード・カレーなどは手作りにこだわる。

こうした点にもこだわり、安全でどこか懐かしい味だと人気となっているそうです。


panya junya(パンヤ ジュンヤ) @香芝市-04

いろんなパンがある中、特に人気なのが「クリームぱん」(@140円)だとか。特製のカスタードクリームに、バターや卵をたっぷり使ったブリオッシュ生地。買って帰りましたが、どこか懐かしい味わいで本当に美味しかったです!「昔からある安価なクリームパンを、プロが大人向けに作りなおした」というイメージでしょうか?

panya junya(パンヤ ジュンヤ) @香芝市-05
菓子パン系の「メロンぱん」(@130円)、「レモンチーズクリーム」(@160円)などが並び、目移りします!

panya junya(パンヤ ジュンヤ) @香芝市-07
リュスティックのシリーズ。少量のイーストで長時間発酵させ、外はパリッ、中はモッチリと焼き上げたフランスパンだとか。「ドライチェリーとホワイトチョコ」(@220円)、「いちじくとオレンジ」(@200円)など。食感が絶妙で風味豊かでした

panya junya(パンヤ ジュンヤ) @香芝市-06
おかず系パン「サルサドッグ」(@250円)、「ベーコンチーズ」(@170円)、「じゃがぱん」(@160円)など。この日は菓子パン系を中心に購入したので、この系統はあまり食べられませんでしたが、どれも美味しそうですね!

panya junya(パンヤ ジュンヤ) @香芝市-08
大きなガラス瓶に入っている「ちょこパイ」(5個@160円)。試食があったので何気なくいただいたのですが、これも美味しかった!食感サクサクで、入っているチョコチップもほのかにビター。甘すぎたりくどかったりしないので、自宅に向かう車の中で全部食べてしまいそうになりました(笑)


菓子パン系は絶品!また買いに行きます

panya junya(パンヤ ジュンヤ) @香芝市-09
向かって右から時計回りに、「ミルククリーム」(@140円)、「クリームぱん」(@140円)、「自家製カレーぱん」(@160円)、「リュスティック ドライチェリーとホワイトチョコ」(@220円),「シナモンバターシュガーパン」(@150円)

panya junya(パンヤ ジュンヤ) @香芝市-10
「自家製カレーぱん」と「クリームぱん」を割ってみたところ。カレーやクリームはこだわりの自家製というだけあって、まろやかで美味しかったです。個人的に普段からあまりパンは食べない(※北陸生まれなのでお米派です)のですが、panya junyaさんの菓子パン系メニューはどれも大満足でした!次は別系統のパンも食べてみたいと思います!



■panya junya(パンヤ ジュンヤ)

Facebook: Panya Junya

住所: 奈良県香芝市逢坂6-736-1
電話: 0745-78-6868
定休日: 月曜・火曜
営業時間: 7:00 - 19:30(売り切れ次第閉店)
駐車場: あり(4台分)
アクセス: 近鉄大阪線「二上駅」から徒歩2分ほど

※実際にお店にお邪魔したのは「2015年7月15日」でした


■参考にさせていただきました

panya junya(パンヤ ジュンヤ)@香芝市|ふじこの散歩日記


●【食べログ】の該当ページへ

パンヤ ジュンヤ (panya junya) - 二上/パン










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ