2012-08-16

新鮮な塩焼きがいただける『洞川川魚センター』@天川村

新鮮な塩焼きがいただける『洞川川魚センター』@天川村

天川村の洞川温泉郷の奥にある『洞川川魚センター』へ行って来ました。アユ・アマゴ・イワナなどの養殖施設で、炭火で焼いた川魚がいただけるのだけではなく、魚のつかみ取りなども楽しめます。普通の飲食店とはやや毛色が違いますが、とても美味しい塩焼きがいただけますので、洞川温泉へ行く方は覚えておくといいですね。


養殖した新鮮な川魚を炭火で塩焼きに!

洞川温泉の『川魚センター』は、アユ・アマゴ・イワナなどの養殖施設で、一般客でも炭火で焼きたての川魚がいただけるようになっています。洞川の温泉街から川を挟んで西側(48号線)を、龍泉寺の前を通って「洞川キャンプ場」へ行く途中と、なかなか観光客が立ち寄らないエリアにあります。

村の方から伺った話によると、どうやら村の施設を民間委託して運営しているようです。旅館でお客さんに振舞われる川魚も、ここで調理したものを使用しているところが多いのだとか。

建物の中には広めの食事スペースがあります。来店してから注文することもできますが、炭火で塩焼きにするのでかなり時間がかかりますし、団体さんが来ていたりする可能性もありますので、事前に電話で予約しておいた方が安全だと思います。


洞川川魚センター@天川村-01

洞川温泉の温泉街から数百メートル北側にある、川魚の養殖施設『川魚センター』。養殖されたイワナやアユ、アマゴを、すぐに塩焼きにしていただけます。また、裏手の川を使って「魚つかみ取り」なども体験できます!

洞川川魚センター@天川村-02
建物のすぐ脇には、ネットに囲われた養殖池が。中を覗いてみると…

洞川川魚センター@天川村-03
真っ黒い魚がたくさん泳いでいます!ちょっとした鯉くらいのサイズでしたが、これは何でしょうか?

洞川川魚センター@天川村-04
川魚センターの建物の中。調理スペースと食事スペースがあります。魚のつかみ取り体験をする団体さん用なのか、かなり広々しています。来店してから注文することもできると思いますが、炭火で塩焼きにするのは、ただでさえ時間がかかりますから、事前に電話で予約しておいた方が安全でしょう

洞川川魚センター@天川村-06
注文した川魚は、こうして焼かれます。遠火でじっくり焼きあげるので、ちょっと感動するくらい美味しいですね!生臭さもありませんし、淡白すぎて物足りないということもありません


アマゴ・アユ・イワナの塩焼きがあります

川魚センターのメニューは、川魚の塩焼きがメインで、魚は「天子(あまご)」「鮎(あゆ)」「岩魚(いわな)」の3種類。お値段は全て「@500円」です。この他に、「にじ鱒造り(@600円)」「岩魚造り(@600円)」などのお造りもいただけるようです。

実は、ここに伺う前の晩、宿泊先へ塩焼きを届けてもらって地酒のつまみにいただきました。これがさすがに美味しいんですよね!

私は海育ちなので、少し前まで川魚はあまり好きではありませんでした。しかし、良い水で育った新鮮な川魚を、すぐに炭火で調理したものは、ちょっと感動的な美味しさです。淡白で上品な白身なんですが、決してあっさりし過ぎることもありません。酒を飲みながらとはいえ、大ぶりな魚3匹をペロリと平らげられて、まだまだ食べられるような感じでした。


洞川川魚センター@天川村-05

洞川川魚センターのメニュー。塩焼きは、天子(あまご)・鮎(あゆ)・岩魚(いわな)の3種類で、全て500円です。さらに、「にじ鱒造り(@600円)」「岩魚造り(@600円)」「岩魚 姿造り(@1,000円)」とあります

洞川川魚センター@天川村-07
前の晩にいただいたもの。事前に予約しておいて、お宿でこれをつまみに地酒を飲みました!私には見分けが難しいのですが、おそらく上からアユ・アマゴ・イワナではないかと思います。どれも美味しくて、一人で三匹をペロリと平らげました!


裏の川で「魚つかみ取り」もできます

洞川の川魚センターでは、シーズン中は「魚つかみ取り」もできます(1人:300円。岩魚塩焼き付きだと600円)。通常は、裏手の川をせきとめているそうですが、この日は川が増水してしまって閉鎖していました。その代わりに、養殖池の一つを開放していて、ここで小さなお子さんが楽しそうに遊んでいました。

雨天に使用できる屋根付きのバーベキューのスペースもありますし、団体で利用するのも良さそうですね!


洞川川魚センター@天川村-08

シーズン中は「魚つかみ取り」もできます(1人:300円。岩魚塩焼き付きだと600円)。すぐ裏手の川をせきとめてつかみ取りをしたり、川遊びをしたりできるようになっているそうですが、この日は数日前の大雨で川が増水してしまって閉鎖していました

洞川川魚センター@天川村-09
川に入れない代わりに、この養殖池が開放されて、つかみ取りできるようになっていました。迫力には欠けるかもしれませんが、こんな水遊びも充分に楽しそうですよね!

洞川川魚センター@天川村-10
敷地の一角には、屋根付きのバーベキューのスペースもあります。雨が降って魚のつかみ取りが出来ない時には、ここで楽しむのでしょう。一般客でも借りれるようです(料金は不明)



大きな地図で見る


■川魚センター

HP: 参考サイト(食べログ)
住所: 奈良県吉野郡天川村大字洞川675-56
電話: 0747-64-0357
定休日: 不明
営業時間: 不明
駐車場: 数台分あり

※電話で事前予約してから行った方が安全です。


■参考にさせていただきました!

脱サラ百姓の探検記~すぎうらガンバ有機園~ 大根もって洞川へ






 【新鮮な塩焼きがいただける『洞川川魚センター』@天川村】へのコメント
アスカ  12-08-25 21:15

最近天川方面に鉱物採集ばっか行っているので良い情報を教えて頂きました☆
採集後に寄ってみようと思います^^
相変わらず奈良を満喫してますね♪

naka  12-08-26 18:15

> アスカさん

ブログ見てるけど、足繁く天川村方面へ通ってるよねー。ここの川魚なら間違いないから、鉱物採集で疲れた後のオヤツにどうぞ!お互いに、もっともっと奈良を楽しみ尽くそうね(笑)

アスカ  12-08-26 21:30

見てくれてるんだ☆
ここ絶対に寄ります〜^^
奈良を満喫しましょ☆
又店に遊びにきて下さいな♪
とっておきのレインボーガーネットをプレゼントしたいです。
奈良好きさんに持ってもらいたい。

naka  12-08-27 22:24

>アスカさん

更新のたびに生暖かい目で見てるよ!って冗談抜きで、楽しみに拝見しております(笑)
本当に近々また遊びに行くわー。奈良産の鉱石なんてかなり嬉しいから、ほんの小さいヤツでいいからちょうだい!楽しみにしてるよ!





  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ