2012-01-25

Amazonで遊ぼう!我が家の『プレミア本』探し

Amazonで遊ぼう!我が家の『プレミア本』探し

自分の本棚に入っている本たち。一度読者の手に渡ってしまえば「中古本」となり、市場価値は下がってしまうものです。しかし、中には希少さゆえに「プレミア」がついているものもあるでしょう。私が所有しているプレミア本をご紹介したいと思います。


持っている本が何倍で取引されているか?

まず、「プレミア本」とはいえ、私は決して古書マニアではありません。夜中に酒を飲みながら、ネット書店のAmazonを使って冗談半分に検索していたら妙に面白かったので、ぜひ皆さんも気軽にやってみてください。

ルールは簡単で、「ある本が、定価と比べて何倍の価格で取引されているか?」を調べて喜ぶだけです。

判定方法は、Amazonの中古品の販売価格の中で、最も安い金額を採用します。このため、基本的に一般流通していた書籍が対象となります。プレミアがつきやすい「非売品」は含まれませんし、ISBNがついていないかなり古い本も見つからないでしょう。同様に希少な「初版本」などであっても、評価の対象となりません。


春樹さんも寄稿した『ピンボール・グラフィティ』

私が所有する本の中で、おそらく最もレアで、最もプレミアがついていると予想していたのが、1989年発売の『ピンボール・グラフィティ』でした。

月刊BEEPの「1965~88年のピンボール約180台を一挙掲載!日本初のピンボール・ブック。」という内容で、出版元はソフトバンククリエイティブ。日本ではまず見かけないピンボールの文化や歴史までをトータルに扱うレアな一冊です。

さらに、『1973年のピンボール』の著者である、かの村上春樹さんが寄稿しているというのも豪華ですね。春樹さんが「スペースシップ(機種名)」と書いているかと思うだけで、ファンとしては胸が熱くなります!


我が家の『プレミア本』-02

1989年にソフトバンククリエイティブから発売された『ピンボール・グラフィティ』の表紙。村上春樹さんのエッセイが掲載されていて、御大すぎやまこういちさんの名前も見られます。とっくに絶版になっていて、なかなか見つかりづらい一冊でしょう。やや焼けがありますので、コンディションは「可」くらいですね(笑)

我が家の『プレミア本』-03
『ピンボール・グラフィティ』の中の1ページ。解説とともに、カタログ的に色んな機種が紹介されています。レトロな盤面を見ているだけでも楽しいですね。また、ピンボールの歴史やテクニックなども紹介されている、日本で唯一のピンボール専門書というべき内容になっています


定価が高いためプレミア率はイマイチ

この本について、Amazonで中古価格を調べてみると、最低価格は「8,077円(+送料250円)」で販売されているようです。

かなりの高額だと思いますが、実はこの本は定価が「3,700円」ともともと高価だったこともあって、プレミア率は【約2.2倍】に過ぎません。ちょっと残念。手放すつもりはありませんから関係ないんですけどね(笑)


我が家の『プレミア本』-04

iPhoneのAmazonアプリ画面から。最低販売価格は「8,077円」でした。もちろんパソコンからも見られます

我が家の『プレミア本』-05
出品点数は、全部で7点。コレクター商品という枠もあって、美品が欲しい方はこちらから購入するといいでしょう。2万円近い価格で取引されているのもすごいですね!


『世界チャンピオンが教えるモノポリー』がトップ

そして、調べてみたら意外なプレミア本となっていたのが、1990年にネスコから発売された『世界チャンピオンが教えるモノポリー―ゲーム入門から高等戦術まで』という一冊でした。

著者の方は、本物のモノポリー世界チャンピオンです。その方が、実践に即した具体的な戦術書を著したもので、私のようなコンピューターゲームでしかプレイしないような人間にも、本当に参考になるんです。20年も前のものですから、現在のプレイヤーにとっては古臭さを感じるようになっているかもしれませんが、モノポリー的な思考方法を身につけるには最適な一冊でした。これまでに何度も熟読したものです。

この本のプレミア率が、驚きの【約9.3倍】!ちょっとすごい金額だと思います(笑)

こんな風にひそかに楽しめますので、ぜひ皆さんも遊んでみてください!


我が家の『プレミア本』-06

1990年発売の『世界チャンピオンが教えるモノポリー―ゲーム入門から高等戦術まで』。私は引越しのたびに本を処分してきたタイプですが、この本はずっと持ち続けています。モノポリーを知らない方には何のことやら分からないと思いますが、微妙な取引の機微なども解説されていて、本当に参考になるんです

我が家の『プレミア本』-07
モノポリーの盤面なども掲載しながら、戦術を解説してくれます。20年も前とはいえ、よくこんなマニアックな本を出版しましたね(笑)

我が家の『プレミア本』-08
『世界チャンピオンが教えるモノポリー』の現在のお値段は「14,000円(+送料250円)」!かなりのプレミアがついています。この本の定価は「1,500円」ですから、プレミア率は【約9.3倍】!ちょっとすごい金額です!










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ