2011-09-25

二上山の間に落ちる美しい夕陽 @香芝市(千股池)

二上山の間に落ちる美しい夕陽 @香芝市(千股池)

雄岳と雌岳が寄り添うようにそびえる「二上山」。絶好の撮影スポットとして知られる、香芝市の『千股池(ちまたいけ)』から、雄岳と雌岳の間に夕日が落ちる光景が見られました。憧れの瞬間に立ち会えて、感動しました!


千股池からはお彼岸前後が狙い目です

奈良県葛城市と大阪府太子町にまたがる「二上山(にじょうざん)」。雄岳(517m)と雌岳(474m)が寄り添うように美しくそびえる姿は、古代から聖なる山として崇められてきました。

二上山の山容を見る際に、香芝市良福寺の「千股池(ちまたいけ)」という、絶好の撮影スポットがあります。水面に映った逆さ二上山が見られ、春分の日・秋分の日前後には、雄岳と雌岳の間に落ちる夕日が観られます。つい先日、私たちもここから夕陽を見てきましたが、本当に美しいものでした。


千股池から見た場合、この日はまだ夕陽が落ちるポイントはかなり北側でしたが、「2011年9月28日」に行ってみると、時期的にギリギリでしたが、雄岳と雌岳の間に夕日が落ちる姿が見られました!


二上山(千股池)@香芝市-01

香芝市の千股池(ちまたいけ)から見た「8月19日」の夕日です。かなり雄岳側(北側)に夕陽が落ちているのが分かります

二上山に落ちる夕日@千股池-01
これが「9月28日」の二上山の夕陽。雄岳と雌岳の真ん中に落ちています。長い間ずっと見てみたいと思っていた光景ですが、ようやく目にすることができました


撮影時間帯は17時ごろ。一瞬です

気づいた点を簡単にメモしておきます。

●千股池から見た場合、やはり春分の日・秋分の日のお彼岸前後が見ごろになるようです。この日は秋分の日から数日過ぎていましたが、池の一番北側まで移動したら、何とか真ん中に落ちました。少し移動するだけでも、夕日が落ちる場所は変わってきます。

●二上山に夕陽が落ちるのはかなり早めの時間帯になります。この日の撮影時間は、17時ジャストから始まって、17時5分にはもう落ちていました。

●二上山の高さに落ちるため、夕陽とはいえ空が赤く染まることはありません。この後、30分後くらいから夕焼けが始まりますので、もう少し粘ってみるといいでしょう。

この日撮影した画像を何枚か掲載しておきます。三脚も使わず、大急ぎで撮影したものですが、ご容赦ください。念願の光景が見られて感激でした!


二上山に落ちる夕日@千股池-02

二上山に落ちる夕日@千股池-03

二上山に落ちる夕日@千股池-04

二上山に落ちる夕日@千股池-05

二上山に落ちる夕日@千股池-06

二上山に落ちる夕日@千股池-07

二上山に落ちる夕日@千股池-08



より大きな地図で 千股池@香芝市 を表示


■千股池(ちまたいけ)

HP: 参考サイト(香芝市HP)
住所: 奈良県香芝市良福寺579番
アクセス: 近鉄南大阪線「当麻寺駅」より徒歩15分ほど

※システムの関係上、記事の日付は「2011年9月25日」になっていますが、撮影日は「2011年9月28日」でした。


■関連する記事










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ