2010-11-08

お米パンと温泉『お米の館』&『お亀の湯』@曽爾高原

お米パンと温泉『お米の館』&『お亀の湯』@曽爾高原

曽爾高原のススキを見た帰りに、手作りお米パンを販売している『曽爾高原お米の館』と、素晴らしい温泉施設『曽爾高原温泉 お亀の湯』へ立ち寄ってきました。曽爾村は本当にいいところですよ!


曽爾観光は『曽爾高原ファームガーデン』から

曽爾高原には、村営の道の駅のような一角があり、曽爾村観光の中心地のようになっています。ここには、レストラン・売店・観光案内所が併設されている『曽爾高原ファームガーデン』、温泉施設『曽爾高原温泉 お亀の湯』、手作りお米パン販売の『曽爾高原お米の館』などの施設があります。

秋の観光シーズン(=曽爾高原のススキのシーズン)になってハイカーが増えてくると、広い駐車場も満車になるほどの大混雑になります。この日は平日でしたが、地ビール「曽爾高原ビール」がいただけるレストラン「曽爾高原ファームガーデン」は行列になっていました。


お米の館@曽爾高原-01

曽爾高原近くには道の駅のようなスペースがあります。ここには、温泉施設「お亀の湯」、レストラン「曽爾高原ファームガーデン」、手作りお米パン販売の「曽爾高原お米の館」などが集まっており、普段からハイカーで賑わいます。ススキの季節には、広い駐車場(200台分あります)が満車になるほどの混雑ぶりとなります


モッチモチのお米パンの『お米の館』

その一角にある『曽爾高原お米の館』は、2005年オープンの、曽爾村で収穫したお米を使った「お米パン」を販売する店舗です。

パンフレットによると、「お米パンは普通のパンに比べてタンパク質が小麦粉の約1.5倍もあり、水分含有量が高く、パンの中身がしっとりとして、食感はもちもちしてやわらかで小麦粉のパンに比べ低カロリーが特長です」とのこと。

この日は3種類のパンをいただきましたが(イートインコーナーはありませんので、外のベンチで食べました)、菓子パンを食べても普通の小麦粉のパンとそれほど違いは感じません。しかし、食パンを食べるとモッチリとした食感が際立って感じられ、これがとっても美味しいんですよね。お腹にも溜まりそうですし、これならまた食べたいですね。

売店で地ビール「曽爾高原ビール」を買ってきて、ここで一杯飲みたいくらいでした(笑)


お米の館@曽爾高原-02

敷地内にある「曽爾高原お米の館」。2005年にオープンした、曽爾村で収穫したお米を使った「お米パン」を販売するための店舗です。建物の奥はパン工房になっています

お米の館@曽爾高原-03
「曽爾高原お米の館」の店内の様子。ススキの季節だけにお客さんがいっぱいでした!全く見えませんが、いろんな種類のお米のパンがずらりと並んでいます

お米の館@曽爾高原-04
建物の奥はパンの製造室になっています。その前のスペースも売り場を拡大して販売していました。9月~11月の秋の季節を除いて、ここでは「手作りパン教室」が開催されているようです(5名~30名。要予約)

お米の館@曽爾高原-05
曽爾高原お米の館で販売されているパンの一部。めんたいマヨネーズ(@150円)、ポテトサラダ(@150円)など。お米のパンとはいえ、パッと見は普通のパン屋さんと変わりません

お米の館@曽爾高原-06
ヤーコン食パン(@180円)、ホーレン草食パン(@250円)、かぼちゃ食パン(@180円)など。菓子パンタイプのものだとよく分かりませんが、食パンタイプのものを食べると、お米のモッチリとした食感がよく分かります

お米の館@曽爾高原-07
この日は、おやつ替わりに、ホーレン草食パン・カレーパン・クリームパンをいただきました。モチモチとして美味しかったですね。売店では奈良県唯一の地ビール「曽爾高原ビール」も販売していますので、それと一緒にいただくのも美味しそうです


■お米の館

HP: http://www.soni-kogen.com/kome.html
住所: 奈良県宇陀郡曽爾村太良路837
電話: 0745-96-2888
定休日: 水曜日(水曜が祝日の場合は翌日休み)
営業時間: 10:30 - 15:30(売切れ次第終了)


お湯も景色も抜群!名湯『お亀の湯』

曽爾高原へ来たら、もちろん温泉施設『お亀の湯』にも立ち寄らないわけにはいきません。

お亀の湯には、これまで何度も来ていますが(ブログ内の記事)、ぬめりが強めの本当にいいお湯なんですよね。この日はまだ明るいうちに入館したため、露天風呂からは勇壮な兜岳・鎧岳の姿が見えるなど、ロケーションも抜群です。

露天風呂が広めに作ってある代わりに、洗い場がやや少なめのため、混雑時には困ることもありますが、それを差し引いても満足度が高い温泉施設ですね。曽爾村へ行った際にはぜひ入浴してみてください!


お亀の湯@曽爾高原-01

曽爾高原ファームガーデンの奥にある、曽爾高原温泉『お亀の湯』。2004年12月のオープン以来、奈良の名湯として評価を高めています

お亀の湯@曽爾高原-02
お亀の湯の館内の様子。秋の週末は大混雑になりますのでご注意ください

お亀の湯@曽爾高原-03
お亀の湯は、「石の浴室」「木の浴室」の2種類あり、週替わりで男女入れ替わります。どちらも大きな露天風呂があって、とても気持ちのいい温泉になっています

お亀の湯@曽爾高原-04
帰り際に駐車場から見たところ。正面に見える特徴的な山は、恐らく手前が鎧岳、奥が兜岳だと思います。露天風呂からこの姿を眺めているだけで、ちょっと幸せな気分になりますね



大きな地図で見る


■お亀の湯

HP: http://www.soni-kogen.com/okame.html
住所: 奈良県宇陀郡曽爾村太良路839
電話: 0745-98-2615
定休日: 水曜日(水曜が祝日の場合は翌日休み)
営業時間: 11:00 - 21:00
入浴料: 大人 平日:500円、週末・祝日:700円










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ