2009-08-07

中華街で買い食い三昧しました『神戸南京町』@神戸市

神戸南京町(中華街)

須磨海浜水族園へ行った帰り道、『神戸南京町(中華街)』に立ち寄ってきました。有名な中華料理店などもあるとは思いますが、最初からお店に入る気はありません。何件かの屋台を適当に選んであれこれと買い食いしてきました!


横浜・長崎と並ぶ日本三大中華街の一つ

横浜・長崎と並ぶ、日本三大中華街の一つが『神戸南京町(なんきんまち)』です。その範囲は200m×100mほどと意外と狭く、横浜中華街と比べるとこじんまりとした印象があります。

路上には、多数の屋台や、ファーストフード感覚で点心をいただけるお店が立ち並び、フラフラと歩きながら目に付いたものを次々と買い食いする・・・というのが、楽しくて仕方ない、とっても魅力的な場所になっています。


神戸南京町(中華街)-01

神戸の中華街として知られている「南京町」。その入り口に立っている長安門。横浜・長崎と並ぶ、日本三大中華街の一つとされています

神戸南京町(中華街)-02
神戸南京町の案内図。東西200m、南北100mほどの範囲ですから、それほど広くはありません。隅から隅まで見て歩いても、2時間もあれば十分でしょう

神戸南京町(中華街)-03
中華街の風情がある街並みも、少し見上げるとビルがそびえています。夜になるともう少し雰囲気があるんですけどね


『皇朝 神戸』の肉まんは絶品でした!

この日の食べ歩きは、以前に来たときから気になっていた「中国料理世界チャンピオン 手作り肉まん 1個90円」という表示があるお店からスタートです。お店の名前は
皇朝 神戸(コウチョウ コウベ)』さんというそうです。

●肉まんは鹿児島産豚肉をふんだん使用。無添加ねぎと組み合わせる
●中国からの輸入肉は一切使用していない
●「中国料理世界大会」のチャンピオンや、中国国家最高技師「特級天心師」が関わっている
●日経のランキングでは「おすすめの肉まん」で全国第2位に!

こんな売り文句に騙されるつもりは無いのですが、本当に美味しかった!肉の旨味がギュ~ッと詰まっていて、独特の甘みがあり、個人的には今まで食べたどの肉まんよりも美味しいと思いました。

ただし、相方は「551の方が好き」と言ってましたので、蓬莱ファンの方には納得してもらえないかもしれませんね(笑)


神戸南京町(中華街)-05

「中国料理世界チャンピオン 手作り肉まん 1個90円」という黄色い看板が目立つお店。店名は『皇朝 神戸』というそうです。中国国家最高技師「特級天心師」が作った(監修した?)肉まんがいただけます

神戸南京町(中華街)-06
『皇朝 神戸』さんのメニュー。メインは「手作り肉まん(@90円)」と格安(サイズ小さめです)。「絶品シウマイ」「黒豚焼餃子」「手作り絶品ちまき」など、さすがにどれも美味しそう!

神戸南京町(中華街)-07
さっそく肉まんを三人分買ってみました。日経のランキングでは全国第2位だったそうです(1位は人形町今半の「特製すき焼き肉まん」)。手のサイズと比べて、コンビニの肉まんよりもだいぶ小さめなのが分かるでしょうか?

神戸南京町(中華街)-08
『皇朝 神戸』さんの肉まんを割ったところ。あんは甘すぎず辛すぎず、肉の旨味がタップリ!独特の甘みがあり、これまで食べた肉まんの中で一番美味しかったですね。すぐにお代わりを買ってきたくらいでした!

神戸南京町(中華街)-10
甥っ子が買ってきた「黒豚焼餃子(@200円)」。1個だけ食べさせてもらいましたが、これもなかなか美味しかったですね。ただし、肉まんはすぐに食べられますが、餃子は焼き上がりまで5分以上待たされましたので、時間が無い方は注意のこと


■皇朝 神戸(コウチョウ コウベ)

HP: http://www.kouchou-kobe.jp/
住所: 兵庫県神戸市中央区栄町通り1-3-17
電話: 078-335-1789
定休日: 無休
営業時間: 10:00-20:00


中国系のキッチュな雑貨が揃う『空龍』

神戸南京町には、何件かの中国っぽい雑貨を販売するお店があります。

今回は、ブルースリー風の等身大の像が目印の『空龍(コンロン)』さんへお邪魔しましたが、後で調べてみると、「妹妹(メイメイ)」「好好(ハオハオ)」など、中華街にある他のお店もみんな姉妹店なんだそうです。

こちらは、やや男性的な品揃えになっているようで、カンフースーツやヌンチャク、中国刀(の模造品)など、他ではなかなか手に入らないような珍しいものや、三国志や風水グッズなど、キッチュな商品が多数販売されていました。

オリジナルTシャツもなかなかいいデザインのものがありましたし、チープなお土産をお探しの方はぜひ立ち寄ってみてください。かなり楽しめます!


神戸南京町(中華街)-11

中国雑貨を販売する『空龍(コンロン)』さん。チャイナドレスからカンフースーツから、もう少し実用的なお土産品まで、それっぽいグッズが並んでいます。三国志関連のグッズもあり、関羽さんフィギュアに妙にそそられました!

神戸南京町(中華街)-12
『空龍』さんの店前にあるブルース・リー風の像。かなり精巧な出来で、ライトアップされた姿も素敵でした!

神戸南京町(中華街)-13
大人用から子供用まで、黄色に黒い線が入ったお馴染みのジャンプスーツたち(@4,800円など)。今見ると、中川翔子さんを真っ先に思い出しちゃいますね

神戸南京町(中華街)-14
中国柄のTシャツも種類が豊富。見るからにバッタものっぽいものもありますが、オリジナルデザインのものも多いので見ていて楽しいですね。1枚1,000円程度ですので、夫婦で一枚ずつ買ってきました

神戸南京町(中華街)-15
お店前にあったコカコーラの自販機も、「可口可楽」の中華街仕様でした!


■空龍(コンロン)

HP: http://haohaokobe.com/
住所: 兵庫県神戸市中央区栄町通2-9-11
電話: 078-332-5060
定休日: 無休
営業時間: 平日 10:30-20:00、土・日・祝日 10:00-21:00

南京町広場はイベント開催中でした

また、この日は夏休み企画ということなのか、中心にある南京広場で中国雑技団系の方々のイベントが行われていました。

それ自体はどれほど珍しいものなのかはよく分かりませんが、単純にスゴイんですよね。お買い物のついでにこんなショーが見られると、かなり得した気分になれて嬉しいものです。ホームページでイベント情報を調べてから出かけてみるのもいいでしょう!


神戸南京町(中華街)-23

中心部にある「南京町広場」のあずまや前では、ちょっとしたイベントが行われていました。2部構成で、どちらも中国の伝統芸能を見せてくれるものでした

神戸南京町(中華街)-24
こちらは仮面の早代わりの芸。足を踏み鳴らしたり、サッと一回転する間に、マスクが変わっているというもの。やや地味ですが、ものすごいスピード感でした!

神戸南京町(中華街)-26
時間を置いて、中国雑技団系の方が登場。高い一輪車の上に乗って、足の先のボウルを蹴り上げて、頭の上に重ねる・・・と、文字で説明しても意味が分からないようなややこしい芸をやってました。生で見ると、純粋にスゴイです!


中華街なら「ふかひれラーメン」を!

そんなイベントを見ながら、南京町広場前の屋台で「ふかひれラーメン(@300円)」をいただいてみました。中華料理店のラーメンらしい味わいで、さすがに美味しかったですね。

普段は「ふかひれラーメン」なんて絶対に注文しないようなメニューですが、小さめで「@300円」なら手が出せます。他ではなかなかいただけない一品ですが、神戸南京町にはどこでもよく見かけますので、ぜひ名物だと思って注文してみてください。


神戸南京町(中華街)-16

南京町広場の前の屋台は、常に行列が出来ている人気店です。イベントを見ながら、ここで「ふかひれラーメン(@300円)」を買ってみました

神戸南京町(中華街)-17
これが「ふかひれラーメン(@300円)」。値段が安いのは、小さめの容器で販売されているため。中華っぽいあんかけスープが美味しかったですね。さすがにふかひれタップリ・・・とは言えませんが、それなりにソレっぽい味でした!

神戸南京町(中華街)-09
近くにあった屋台で、ゴマ団子・角煮バーガー・鶏の唐揚げなども買って食べてみました。買い食い気分は満たされましたが、どれも「ものすごく美味い!」というほどではありません。ちゃんと下調べをしてから行くべきだったかも・・・


点心感覚での食べ歩きが楽しい!

この日のラストは、中華料理『燕楽』さん。店頭には色んな点心が並んでいて、目移りしそうですが、やはり最後も「坦々麺(@300円)」をいただきました。これもなかなか美味でした!

路肩に置いたパイプ椅子に座って食べていたんですが、こんなのが食べ歩きの幸せですからね。神戸南京町では、ラーメンなども「点心」の感覚で小さめの器でいただけます。色んなものを少しずつ味わえますので、主食からデザートまで、気ままに食べ歩きましょう!


神戸南京町(中華街)-18

最後の〆は、中華料理『燕楽』さんで。中華料理店さんの店前を屋台のようにして営業しています。麺類などはお店の中で作っているようです

神戸南京町(中華街)-19
燕楽さんの店頭の様子。ゴマ団子とか、チマキや月餅とか、何でこんなに魅力的に見えるんでしょうね~?

神戸南京町(中華街)-20
このルックスもなかなか。後から考えると、チマキを食べなかったのが悔やまれます

神戸南京町(中華街)-21
美味しそうな「豚足(@300円)」。こんなものが普通に並んでいるのも、中華街ならではでしょう!

神戸南京町(中華街)-22
〆にいただいたのが「坦々麺(@300円)」。いかにも中華料理店の坦々麺という味ですが、意外と辛さは控えめ。甥っ子も普通に美味しそうに食べてました。やっぱり買い食いは楽しいですね!



大きな地図で見る


■神戸南京町(なんきんまち)

HP: http://www.nankinmachi.or.jp/index.php
住所: 兵庫県神戸市中央区栄町通1-3-18
電話: 078-332-2896(南京町商店街振興組合事務局)
アクセス: JR東海道線、阪神電車「元町駅」より徒歩5分










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ