奈良を食べる

鮮魚店『魚智水産』(奈良市)の「立ち飲み営業」が限定復活!

立ち飲み限定復活@魚智水産(奈良市)-06

奈良市内で新鮮なお魚を販売している『魚智水産』さん。久々に立ち飲み営業が限定復活した日にお邪魔してきました。刺身盛り合わせ・焼きサンマなど絶品の海の幸を、日本酒とともに気軽に楽しめて、控えめに言って最高でした!

五島列島直送の鮮魚が購入できるお店

奈良市南市町で、五島列島直送の新鮮なお魚などを販売している『魚智水産(うおともすいさん)』さんTwitterInstagram)。海なし県の中心部とは思えない、豪華で多様な水産物を取り扱っていらっしゃるお店です。

こちら、コロナ禍の前には“昼は魚(+お弁当)屋、夜は海鮮居酒屋”という2毛作の営業を行っていました。

魚屋が夜は海鮮居酒屋に!お刺身が絶品『魚智水産』@奈良市(2019-09-20)五島列島直送モノを中心に全国の新鮮なお魚を取り扱い、昼は鮮魚販売、夜は魚料理をアテにお酒をいただけます。身の弾力があるお刺身、アレンジの効いた「たら白子天ぷら」など、どれも一級品でした。

2022年1月末には、系列店となる『酒菜うおとも』をオープン!こちらでも絶品のお魚料理がいただけます。個人的に「奈良市内で魚を食べるならここ」と、広くお勧めしているお店になります。

旨い魚料理が味わえる名店『酒菜うおとも』@奈良市(2022-02-08)2022年1月末、奈良市内にオープン。魚屋さんの直営で、海なし県・奈良とは思えないような美味しい魚料理が、比較的リーズナブルに味わえます。プレオープンの日とオープン直後の2回来店しましたが、どちらも文句なしのお味でした!

そんな『魚智水産』さんですが、日を決めて「立ち飲み営業」を復活させてきています。

魚智さんの大ファンであるウチの奥さんがSNSで情報をチェックしており、この日、奈良公園で開催された『奈良クラフトビール祭り』(紹介記事)の後で立ち寄らせていただきました。はい、さすがの美味しさでした!

限定営業の情報はSNSをチェック!

▲魚智水産さんの店舗はこちら。もちいどのセンター街の商業施設「夢CUBE」の裏手になります。
▲この日(9/18・19)は、2日間限定で立ち飲み営業が復活!店内ではお酒好き・魚好きな方々が気楽に楽しまれていました。
立ち飲み営業は、現在のところ不定期開催ですので、SNSでフォローして情報をチェックしてください。
▲店舗奥からの眺め(閉店間際に撮影してます)。冷蔵ケースをテーブルにしたスタイルで、普段はここで鮮魚を販売なさってます。

お刺身などお手頃価格でさすがの旨さ!

▲この日の昼の立ち飲みのメニュー。ドリンクは缶やペットボトルで提供される角打ちスタイルです。お刺身はもちろん、うなぎの白焼き・焼きサンマ・カマス塩焼きなど、そそります!ラフな手書きメニューがぽくていいですね。
▲この日の日本酒は、長崎県の「よこやま」(770円)でした。山田錦を使った純米吟醸。魚に合うシンプルに旨い酒でした。
▲まずは「刺身盛り合わせ」(1,100円)です。まぐろ・いか・ホタテ・たこ・皮目を軽く炙ったタイなど。新鮮で美味しいこと!こだわりの魚屋さんだからこそのお味と価格。普通の居酒屋じゃ難しいでしょう。
▲コロナ禍が続いたため、立ち飲みも久々でした。やっぱりいいですね!(アホみたいな言い方ですが 笑)
▲こちらは「焼きサンマ 塩」(550円)と「明太子チャンジャ」(385円)。個人的に今シーズンの初サンマでした。サンマの価格も年々上がっていますし、冷凍モノではないのにこの値段というのは嬉しいですね。チャンジャを舐めながらお酒が進みます。
▲締めは「にぎり5貫」(550円)で。美味しいお寿司を軽くつまんで〆るなんて「大人になったもんだ」と感慨深いくらいです(もう50過ぎてますが 笑)。
▲宴のあと。またお邪魔します!

魚智水産(うおともすいさん)

SNSTwitter Instagram
住所奈良県奈良市南市町27
電話0742-22-7111
定休日水曜
営業時間9:00~18:00(日曜日は 10:00~17:00)
駐車場なし(近隣に有料Pあり)
アクセス近鉄奈良駅から徒歩約7分です
※実際にお邪魔したのは「2022年9月18日」でした。

関連する記事