2016-04-18

「うましうるわし奈良」の10年

美麗な写真、心を揺さぶるキャッチコピー。あらためて奈良って素晴らしい!

JR東海が展開している「うましうるわし奈良」キャンペーン。始まってから10年たったことを記念して、これまでのポスターやキャッチコピーなどを収録した一冊。

奈良の一番美しいところを、一流のプロが切り取った写真が美しいのはもちろん、そこに添えられるキャッチコピーが絶妙です。インパクトのあるものから、心にじわっと染みてくるようなものまで、ページをめくるたびにため息がもれました。


説明文:「JR東海の「うましうるわし奈良」のキャンペーンが始まってから、2016年で10年。首都圏を中心にテレビCMが放映され、駅では四季折々のポスターを目にした人も多いかと思います。 10年という節目を機に、これまでのポスターから写真とコピーを抜粋し、1冊にまとめました。美しい仏像と風景が、奈良へと誘います。 そして、イラストレーターの田中ひろみさんには仏像の面白さを、文筆家の甲斐みのりさんには奈良をご案内いただきます。たまにはふらりと奈良に行ってみようか─そんな気持ちになる1冊です。」


「うましうるわし奈良」のキャンペーンは、基本的に首都圏などで展開されているため、地元の奈良ではあまり目にする機会はありません。ネットなどで自ら情報を探しに行かないとその存在に気づかないのです。地元民ほどこんな素晴らしい広報がされていることを意識していないでしょう。

この本のページをめくっていくと、どれだけ奈良という土地が美しいのか、他の土地の者を惹きつける魅力があるのか、その一部だけでも理解できるかもしれません。

写真も素晴らしいですが、私のようなテキスト屋が見ても、キャッチコピーが素晴らしいです。感涙ものです!

●「日本にしかなく、奈良にしかなく」(飛火野の鹿たち)

●「天平という美しい時代があった」(新薬師寺・伐折羅大将像)

●「父、康慶。慶派、その始まりの大仏師。」(興福寺南円堂・不空羂索観音)

●「子、運慶。慶派、その頂きの天才仏師。」(興福寺北円堂・弥勒如来)

●「ひとりの旅が日本を変えた。」(唐招提寺・鑑真和上坐像)

●「美しいひとが奈良にいる。」(中宮寺・如意輪観音(菩薩半跏像))

●「日の光、月の光、白鳳の光。」(薬師寺・薬師三尊像)

●「絵と申す人。本尊と申す人。浄土と申す人。」(當麻寺・當麻曼荼羅)

●「人は山に神を想う。山は人に神を結ぶ。」(大神神社・三輪山)


その中でも、個人的に一番好きなのはこちらです。

●「見ているのは、史跡ではなく、千三百年の物語。」(平城京・西大寺)

(咲く花の匂うがごとしと称えられた、平城京。けれど西大寺は知っている。この都には、夢と夢が争う戦いがあり、平和を望む愛や祈りが繰り返されたことを。千三百年の歴史が織りなす物語、人々が紡いだ物語を訪ねて。)


巻頭には奈良出身の歌手・堂本剛さんの文章が寄せられていますが、これもとっても素敵でした。あらためて奈良愛を刺激されますね。奈良好きな方はぜひ手にとってみてください!



【「うましうるわし奈良」の10年】の関連記事

  • 『馬姫様と鹿王子 1巻 (ヤングキングコミックス)』~奈良×仏像にファンタジー風味をプラス。作者さんの奈良愛が溢れる楽しい作品です!~
  • 『いじめられたお姫さま 中将姫物語』~當麻曼荼羅を織り上げた中将姫の物語を分かりやすく。大人も子どもも楽しめます。~
  • 『龍華記』~澤田瞳子さんの「南都焼討」がテーマの歴史小説。意外な展開に引き込まれます!~
  • 『孤鷹の天 (徳間文庫) 』~平城京にあった学問所・大学寮が舞台。歴史小説家・澤田瞳子さんのデビュー作!~
  • 『あをによし、それもよし 1 (ヤングジャンプコミックス)』~奈良時代へタイムスリップした山上(憶良)主役のコメディ。面白い!古代好きはぜひ!~
  • 『天誅組―その道を巡る (京阪奈新書)』~奈良県内を中心に「天誅組」ゆかりの地をまとめたディープなガイドブック~
  • 『ならしかたなし 1 (花とゆめCOMICS)』~大仏顔の女子高生とクールな鹿。奈良を舞台にしたシュールなコメディー漫画!~
  • 『平城京のごみ図鑑 最新研究でみえてくる奈良時代の暮らし』~平城京の“ごみ”から見えるリアルな奈良時代。分かりやすくて面白い良書です!~
  • 『古墳空中探訪 奈良編』~奈良の古墳の空撮写真集。時代ごとの環境の変化も見られ、空中散歩の妄想が広がります~
  • 『DEER LAND -誰も知らない鹿の国-』~鹿たちの姿を印象的に切り取った素晴らしい写真集。奈良好きな方は必見です!~
  • 『沈黙する伝承―川上村における南朝皇胤追慕 (あをによし文庫)』~資料を読み解き「後南朝」の人々がよりリアルに。読み応えのある良書です!~
  • 『神饌 供えるこころ』~神さまにお供えする「神饌」を通じて、カラフルで清浄な奈良の表情が見られます~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ