2012-12-26

「まち歩き」をしかける: コミュニティ・ツーリズムの手ほどき

有料まち歩きで参加料はガイドさんの収入に。「大阪あそ歩」の成功事例が学べる一冊

低コストの観光振興策として、全国各地に広がりをみせる「まち歩き」。その仕掛け人の方がノウハウを語った一冊です。その成功例として名前が挙げられる「大阪あそ歩」(@osaka_asobo)さんは、2012年10月に「観光庁長官表彰」を受賞するなど、特に注目を集めています。

説明文:「コミュニティ・ツーリズムの決定版として取り組まれている「まち歩き」の入門書。基本的な考え方から、実際に「まち歩き」をしかけて実施する場合の手順、まちの見方、作法、工夫を実例に沿って説く。「長崎さるく博」「大阪あそぼ歩」のプロデューサー、まち歩きをこよなく愛する達人による観光関係者、ガイドさん必携の書。」

私は町おこしのような事業は素人ですので、この方が目指す「まち歩き」とはどのようなものなのか、完全に誤解していました。私のイメージでは、例えば奈良市内であれば、有名な神社仏閣や旧跡などを、ボランティアさんの後をついて巡り歩く、無料の健康ウォーキングの延長のようなものだと思っていたのですが、この方が目指しているものは全く違います。

最も驚いたのが「収入」に関して。大阪あそ歩では、ガイドさん・サポーターさんの2名で、定員15名までのコースをガイドします。参加料は一人1,000円の有料で、一回のまち歩きで最大15,000円の収入が発生しますが、これは事務局では一銭も受け取らず、ガイドさんたち2名の報酬となるのだとか。

こういった企画はボランティアベースになりがちですが、そうなると継続的な運営は難しくなりますし、ガイド側も「私はボランティアだから…」という甘えが出てしまうのだとか。このガイドで生活できるまでの収入までは難しいでしょうが、こうした考え方も必要なんでしょうね。

●名所旧跡や行政区分にとらわれず、歴史や文化が共通した方が住んでいるエリアを「まち」とする
●全距離2~3kmを標準とする(これでも2~3時間になるとか)

など、本書は具体的な示唆に富んでいます。ちなみに大阪あそ歩で実施されているまち歩きのタイトルの例も載っています。

・梅田『「梅田すてんしょ」に陸蒸気がやってきた ~明治7年(1874)5月11日から始まった~』
・新町『天下一の花街・大阪新町を歩く ~夕霧太夫の面影をもとめて~』
・舞洲『幻のオリンピック候補地・舞洲 ~新夕陽ケ丘から「おしてるや」の夕陽を眺めながら~』など

全部で150ものコースが用意されているそうです(※今ホームページを拝見したら「300コース以上」になっていました!)。

観光にも色んな形があると思いますが、こんな形態も成り立つのかと、とても興味深く読めました。観光振興に取り組んでいる方はぜひご一読ください。


【「まち歩き」をしかける: コミュニティ・ツーリズムの手ほどき】の関連記事

  • 『職業としての小説家 (Switch library)』~村上春樹さんの小説家論。ファンとして、同じ自営業者として参考になります!~
  • 『自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方』~人気ブロガーさんが語る「生産性を高める」考え方。概ね賛同!~
  • 『ぼくらは地方で幸せを見つける (ソトコト流ローカル再生論)』~地方で居場所を見つけようとする若者たちの姿。いろんな気付きがある一冊でした~
  • 『仕事のスピード・質が劇的に上がる すごいメモ。』~情報をまとめる・発想を引き出す・人に伝える。役立つメモ術いろいろ~
  • 『ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング』~メモによって思考と感情の言語化トレーニング。発想法として優れてます~
  • 『人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術』~くじけがちな「早起き」を習慣化するための具体的なノウハウがいっぱい!~
  • 『「ない仕事」の作り方』~マイブームの名付け親・みうらじゅんさんの仕事術「一人電通」の手法とは!?~
  • 『世界のエリートは大事にしないが、普通の人にはそこそこ役立つビジネス書』~メールの末尾に「iPhoneから送信」をつけるなど微妙に役立つメソッド満載の一冊~
  • 『0ベース思考---どんな難問もシンプルに解決できる』~バイアスをゼロにして合理的な答えを見つける思考法。個人的にはイマイチ。~
  • 『習慣の力 The Power of Habit』~日常行動の4割以上は「習慣」。膨大な研究結果から改善方法を語った良書です~
  • 『ふるさとをつくる:アマチュア文化最前線』~祭りや劇など、アマチュアの活動で地域を変えた事例を多数紹介。まさに継続は力なり!~
  • 『小商いのはじめかた 身の丈にあった小さな商いを自分ではじめるための本』~開いた時間で小さな商売を始めた方たち15組を紹介した一冊。いろんな生き方がありますね~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ