2012-12-19

昭和モダン建築巡礼 西日本編

今から半世紀も前に建てられたモダニズム建築たち。この本を片手に巡礼したくなります

2006年に発売された、建築雑誌「日経アーキテクチュア」の人気連載をまとめた一冊。私はこの後に登場した『ポストモダン建築巡礼』を先に読んで、すぐにこちらを探しに行ったほど面白いシリーズですね。

本書で取り上げているのは、1945~75年に建てられた西日本のモダニズム建築たち。九州から関西まで、全部で28の建築物が写真・イラスト・テキストを交えて紹介されています。

説明文:「行きたくてもなかなか行けない地方都市の名建築、イラストとウンチクをたっぷり添えてリポート。坂出人工土地、小原流家元会館ほか計29施設。1945~75年に建てられたモダニズム建築を西から東へと巡礼。」

さまざまなタイプの建物がありますが、この時代のものはどこか大仰で荘厳なイメージがありますね。個人的にこの年代の建物は大好きですが、特に感動したのが「都城市民会館」「国立京都国際会館」「津山文化センター」など。いずれもどこか古さを感じさせながらも、今見ても全く古びないキッチュな新しさが感じられるものばかりです。

いずれこの本を参考に、西日本の建築を巡る旅にでも出かけたくなりますが、残された時間は決して長くありません。

この時代の建築物はすでに半世紀が経ち、取り壊しや建て替えの危機に瀕しているものも少なくありません。今の基準から見れば耐震設計も不十分でしょうし、耐用年数も限界に近づいてきていますが、文化財として認められて保存されているものもあるのですから、できる限り残していって欲しいですね。

建築に興味がない方も気軽に楽しめる一冊ですので、ぜひ手にとってみてください。


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


ちなみに、モダニズム建築については、この本の作者さんたちも登場している、CASA BRUTUS『ニッポンのモダニズム建築100』が分かりやすくてお勧めです。先にこちらを読んで基礎知識をつけておくと、より楽しめますよ。


【昭和モダン建築巡礼 西日本編】の関連記事

  • 『住み継ぐ―藤岡建築研究室の改修・再生と新築―』~町家の改修・再生の10軒の実例。古材を活かした「住み継ぐ」価値のある家の美しさは感動的です~
  • 『図解 ここが見どころ! 古建築』~古建築の見どころを実例を挙げて細部まで解説。これは分かりやすい!~
  • 『日本の最も美しい名建築』~近代名建築を集めた大型本。宮殿風・赤レンガ・擬洋風など、美しさにため息が出ます~
  • 『これだけは見ておきたい 日本の産業遺産図鑑』~全国の満遍なくセレクトした近代化遺産探訪ガイド。読みやすくシンプル。手始めに最適です~
  • 『日本木造遺産 千年の建築を旅する』~美しい木造建築物が続々と。大判で写真も美しく、藤森照信氏の解説もさすが。良書です!~
  • 『ヴォーリズ建築の100年―恵みの居場所をつくる』~近代建築家ヴォーリズの作品をまとめた一冊。教会建築から大丸大阪心斎橋店まで多彩です!~
  • 『岩崎平太郎の仕事: 近代・奈良の建築家』~吉野出身の近代建築家・岩崎平太郎の仕事をまとめた一冊。吉野駅・畝傍高校などが残ります~
  • 『藤森照信×山口晃 日本建築集中講義』~建築探偵×気鋭の画家が、日本全国の名建築を見て歩いた記録。行きたい建物がいっぱい!~
  • 『失われた近代建築 I 都市施設編』~すでに取り壊されてしまった美しい近代建築の写真集。「奈良県庁舎」とか惜しかった…~
  • 『東京R不動産』~ユニークな物件のみを紹介する不動産屋の本。改装可能・レトロなど、どれも魅力的です!~
  • 『看板建築・モダンビル・レトロアパート』~全国の看板・商店建築など、レトロ建築300件以上を掲載した写真集。たまらない一冊です!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ