2012-12-14

芸術新潮 2012年 11月号 [雑誌]

大特集は「縄文の歩き方」。縄文の美と生活について総合的に理解できる内容です

大特集は「縄文の歩き方」。芸術新潮では25年ぶりの縄文特集になるそうです。ちょうど滋賀県甲賀市の「MIHO MUSEUM」で開催されていた秋季特別展 「土偶・コスモス」(2012年12月9日まで)と連動していて、読み応えのある内容でした。終わってしまった展覧会の後追いのようになってしまいますが、土偶コスモス展を見ている方はもちろん、見そびれた方でも充分に楽しめる内容でしょう。

「縄文」と言われてもピンと来ない方が大多数だと思いますが、人間の姿をプリミティブに象った土偶たちや、装飾過剰としか思えない火焔土器など、その造形美には驚かされるばかりです。かの岡本太郎氏が、日本の芸術作品の中で唯一高く評価していたのが「縄文」だったというのですから、芸術的な評価がなされて当然なのかもしれません。

本書では、縄文の土器や土偶を豊富な画像で紹介しているだけではなく、「縄文の手引き」「縄文人のくらし」「縄文革命とは」「縄文の食卓」「東京JOMON散歩」など、身近に縄文時代を感じられるような読み物や企画が続きます。また、梅原猛さんの対談があったり、縄文の気配が色濃く残る「諏訪」のガイドがあったり、バランスのいい内容ですね。縄文時代などに全く興味がなかった方にも注目して欲しい内容だと思います。

また、余談になりますが、ミホミュージアムの企画展の図録『土偶・コスモス』がAmazonでも購入できるようになってますね。私は会場で買って来ましたが、これは収録点数もお値段もボリュームありますので、画像中心で見たい方はこちらを手に入れてもいいかもしれません。

芸術新潮は月刊誌ですから、本号はもう書店では手に入りません。ネットショップかお近くの図書館で探してみてください。


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【芸術新潮 2012年 11月号 [雑誌]】の関連記事

  • 『ヤマト王権誕生の礎となったムラ 唐古・鍵遺跡 (シリーズ「遺跡を学ぶ」135)』~唐古・鍵遺跡の発掘の歴史や特徴が解説されたドキュメンタリー的な一冊~
  • 『倭の五王 - 王位継承と五世紀の東アジア (中公新書) 』~倭の五王(讃・珍・済・興・武)が使者を派遣した意図は?当時の国際情勢から読み解いた一冊~
  • 『悲劇の皇子(みこ)たち (日本書紀を歩く1)』~有間皇子・大友皇子など、非業の死を遂げた22人の皇子たちを淡々と紹介~
  • 『平城京のごみ図鑑 最新研究でみえてくる奈良時代の暮らし』~平城京の“ごみ”から見えるリアルな奈良時代。分かりやすくて面白い良書です!~
  • 『ときめく縄文図鑑 (ときめく図鑑+)』~土偶や土器、装飾品など、可愛くわかりやすく紹介。初心者さんにもお勧め!~
  • 『土偶のリアル――発見・発掘から蒐集・国宝誕生まで』~土偶を発見した人々などを描いた17の文章。愛情が伝わってきます!~
  • 『古墳時代 美術図鑑 (別冊太陽 日本のこころ)』~古墳時代の物たちを美術的に見つめ直した一冊。美しくて読み応えあり!~
  • 『日本人はどこから来たのか?』~日本人の祖先はどのルートで渡ってきたのか?興奮できる一冊です!~
  • 『古代天皇誌』~神武~桓武天皇まで、古代の天皇を解説。やや駆け足で消化不良感も~
  • 『「古代史」ミステリーツアー (だいわ文庫)』~古事記・邪馬台国・蘇我氏など、古代史を17のテーマで解説。分かりやすい内容です~
  • 『瓦と古代寺院 (臨川選書)』~古代寺院の姿を、発掘調査の結果と出土した瓦から読み解いた一冊。やや難解です~
  • 『古代天皇陵の謎を追う』~関東の大塚初重先生が、関西の古代の天皇陵について語った一冊。興味深い内容です~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ