2012-12-11

白洲正子 祈りの道 (とんぼの本)

神像・西国巡礼・十一面観音など、白洲さんのエッセンスが伝わる極上の一冊

白洲正子さんのお孫さん・白洲信哉さんによる、著作のまとめ本。2010年9月に発売になった一冊です。滋賀や奈良の各地を歩き、数々の名文を遺した白洲正子さんですが、代表作とされる『かくれ里』が今から40年以上も前に連載されたものであったりするため、気軽に手に取りづらいでしょう。

本書では、白洲さんの「祈り」に関する著作の中からエッセンスを抽出し、白洲信哉さんの解説や思い出話を交えて、読みやすく再構成しています。西国巡礼・十一面観音巡礼などに興味がある白洲正子初心者さんには最適ですね。

紹介文:「『西国巡礼』『かくれ里』『近江山河抄』『十一面観音巡礼』…数々の名作随筆に綴られた紀行文を道標に祖母・正子の足跡を辿り、彼女が説いた日本人の信仰の本質を、いま、改めて問い直す。」

各章の内容を見ていくと、自然への思い・神像・西国巡礼・修験業者・十一面観音巡礼・かくれ里・風景から見えるもの・両性具有の美・地主神と仏教の二大聖地などが取り上げられています。能楽や骨董にも造詣の深い白洲さんですが、そういったものはほぼ取り上げず、巡礼や仏像など日本人の信仰にかかわる内容をまとめています。

対象が幅広く感じられるため「白洲正子とは何者か」という全体像を掴みづらく感じている方は少なくないと思いますが、そんな方こそ真っ先に本書を読むべきですね。私もここで取り上げられた作品はほとんど読んでいるはずですが、この本は新鮮に楽しめましたし、すぐにでも再読したくなりました。

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【白洲正子 祈りの道 (とんぼの本)】の関連記事

  • 『鳥居大図鑑』~全国57の美しい鳥居、変わった鳥居を紹介。観察・分類することの楽しさよ!~
  • 『教えて、お坊さん! 「さとり」ってなんですか』~キーワードは「さとり」。仏教の教えの奥深さと包容力が感じられる良書~
  • 『源信さん 浄土教の祖』~当麻出身の源信の絵詞伝が絵本に。奈良博の特別展の予習用にいいかも~
  • 『天平期の僧侶と天皇―僧道鏡試論』~悪評が伝わる「道鏡」について、鑑真や良弁、行基ら奈良仏教史から考察した一冊~
  • 『百寺巡礼 第一巻 奈良 (講談社文庫)』~作家・五木寛之さんの名シリーズ。奈良の古刹で色んな思いを馳せられます~
  • 『ボクは坊さん。』~映画化された若いお坊さんのエッセイ本。初々しく新鮮。良書です!~
  • 『身体と心が美しくなる禅の作法―だれでもできる一日一禅』~初心者向けの座禅入門本。栗山千明さんが登場したり、わかりやすく柔らかい内容です~
  • 『アマテラス―最高神の知られざる秘史 (学研新書)』~古代から近代まで、最高神アマテラス祀られ方や性格の変貌ぶりを追った一冊。面白い!~
  • 『霊能動物館』~社寺に祀られる動物たちをオカルト的・民俗学的に考察。知らない歴史がいっぱいで面白い!~
  • 『京都・奈良ご朱印めぐり旅乙女の寺社案内』~御朱印の掲載点数は少なめですが、参拝ガイドとして便利。お寺巡り初心者さんに役立つ一冊~
  • 『体を使って心をおさめる 修験道入門 (集英社新書)』~金峯山寺・田中執行長が「修験道」を分かりやすく解説した一冊。一気に読了しました!~
  • 『山伏ノート ~自然と人をつなぐ知恵を武器に~ (生きる技術! 叢書)』~山伏になって聖なる山へ入ることで見つけたこと、感じたこと。色々と考えさせられます~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ