2012-12-03

別冊みーなvol.2「特集:湖北の観音さま」

長浜市のローカル誌による、湖北エリアの仏像のムック本。地域密着で面白いです

『<$MTEntryTitle$>』より

購入はこちらから

琵琶湖の北東部、湖北エリアの仏像を特集したムック本。発行者は、びわ湖畔にある滋賀県長浜市から、渋いローカル情報を発信している地域情報誌「長浜み~な」さん。110号+111号の特集内容を、ほぼそのまま一冊にまとめています。

長浜を中心としたエリアは「観音の里」などと呼ばれており、そこに祀られている仏さまと、代々篤く護ってきた地域の方々とにスポットライトを当てています。決して他の専門的な仏像本のようにはならず、地元ならではの距離感の近さが読み手にも伝わってくる、楽しい内容ですね。

内容は、湖北エリアの仏さまにまつわるエッセイや、それを護る方たちを追った記事など。仏像の画像も豊富に使用されていますが、白黒のものが多いので、やや見づらい感はあります。面白いのは、仏像の学術的な調査の模様をレポートした記事や、よその地域の人間にはなかなか行けない己高山にある鶏足寺跡への登山レポートなど。他では読めない記事ですね。また、「仏像拝観のいろは」が学べるコーナーもあって、これも分かりやすく出来てました。

単純に仏像拝観のガイドブックとしては、以前に紹介した『近江若狭の仏像 (楽学ブックス)』の方が優れていると思いますので、最初はこちらを読んでみるといいと思います。しかし、拝観に事前予約が必要なことも多いため、別冊みーなに掲載されているお寺さんの連絡一覧表などはかなり便利でしょう。また、湖北エリアの仏さまと地域の方たちとの近しさを知ってからだと、この本の良さがより理解できると思います。

ISBNもついていないためオンライン書店では購入できず、みーな編集部さんからゆうメールで本を発送してもらって、同封の振込用紙で支払い…というパターンです。こんな手順を踏むのは久々なので最初はちょっと戸惑いますが、先方にカード番号を預けてしまうよりはよっぽど安心かもしれませんね。ちなみに、本のお値段は880円、送料と合わせてちょうど1,000円でした。

なかなかニッチな本ですが、興味のある方はぜひ!


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

購入はこちらから


【別冊みーなvol.2「特集:湖北の観音さま」】の関連記事

  • 『消しゴムはんこの仏さま』~愛らしい消しゴムはんこの仏さまを多数収録。親しみやすく味がある文章も◎!~
  • 『香薬師像の右手 失われたみほとけの行方』~所在不明の新薬師寺像の行方を追ったドキュメント。読み応えあり!~
  • 『仏師たちの南都復興: 鎌倉時代彫刻史を見なおす』~「南都復興は慶派中心だった」の歴史感を見直す、丹念で読み応えのある一冊~
  • 『南山城 石仏の里を歩く』~石仏の里・南山城の丁寧なガイドブック。散策したくなります~
  • 『円空を旅する (BT BOOKS)』~漫画家・井上雄彦さんが全国の円空仏を巡る。貴重なスケッチも大量に収録!~
  • 『壊れた仏像の声を聴く 文化財の保存と修復 (角川選書)』~薮内先生が仏像修理の最新技術、古典技法の解説などを解説。興味深い内容でした。~
  • 『入江泰吉と歩く大和路仏像巡礼』~入江泰吉さんの仏像写真に、詳細な解説付き。分かりやすくてバランスのいい内容です~
  • 『東海美仏散歩』~東海エリアの美しい仏像のガイドブック。見やすく調べやすい!楽しく実用的な一冊です!~
  • 『巨大仏巡礼』~情報充実・オールカラー160ページ・お値段お手頃。大仏を紹介する本の決定版でしょう!~
  • 『巨大仏!!』~日常生活に溶けこむように存在する巨大仏の写真集。圧倒的な大きさと非日常感が面白い!~
  • 『獅子と狛犬』~MIHO MUSEUM「獅子と狛犬 - 神獣が来たはるかな道」の図録兼作品集。見応えたっぷり!~
  • 『名文で巡る国宝の十一面観音 (seisouおとなの図書館)』~和辻哲郎、亀井勝一郎、白洲正子など、十一面観音についての名文を収録。読み応えあり!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ