2011-11-29

万葉びとの奈良 (新潮選書)

万葉歌から平城京に暮らした人々の生活ぶりを読み解く一冊

万葉学者の上野誠先生が、万葉集の歌からキーワードを抜き取って平城京の人々の生活ぶりを読み解く一冊。最後まで面白く読了しました。

平城京に暮らしていた沢山の人々の生活は、現代人には肌感覚として理解しづらいものも多いもの。例えば、遷都によって都を移る心情だとか、ミヤコの人々が飛鳥を遠くに思う感覚は独特のものがあるはずです。万葉歌からその感情の起伏を読み取っているため、少しだけリアルに感じられますね。

例えば、飛鳥から平城京へ遷都した後、現在の元興寺付近は「飛鳥」という地名になりました。有名な女流万葉歌人の大伴坂上郎女は、平城遷都の時に9~14歳だったそうですが、彼女が新旧の飛鳥の土地を比べて、こんな歌を詠んでいます。「故郷の 明日香はあれど あおによし 奈良の明日香を 見らくも良しも」(故郷の飛鳥もいいけど、平城の飛鳥もいいものよ)いかにもこの世代の女の子という印象ですよね。

また、下級官吏が詠んだとされる歌の紹介も面白かったです。「このころの 我が恋力(こひぢから) 記し集め 功に申さば 五位の冠」(恋を成就させるためにかかった苦労を書き集めて勲功として上申したならば、五位の位にも叙せられるほどである)。当時の平城京は男性が多かった可能性が高いため、下級役人の恋路は大変だったとか。この「五位」という役職は、平城京全体のわずか0.05%、平城京の人口は約10万人とされているので、わずか50人というエリート中のエリートだったことになります。こう聞くとリアルに感じられますよね。

また、現代の奈良の特徴についても触れられるのも面白いですね。県庁所在地であり三十八万人が済む奈良市も、駅前にデパート一つあるわけではなく、他所から来て驚く人も多いはず。しかし、それは奈良の商業地がJR・近鉄奈良駅、西大寺駅と3箇所に分断されているから、という理由だけではなく、「都市機能をみんな大阪と京都に押しつけて、奈良は無理せず悠々自適に生きている街だ」なんていい方も紹介されています。確かにこれこそ私が奈良が好きな理由でもあるので、腑に落ちた感がありました(笑)

題材が題材だけに、誰にでもオススメできる内容ではありませんが、万葉集好きな方は手にとってみて損はない一冊だと思います。


【万葉びとの奈良 (新潮選書)】の関連記事

  • 『マンガで楽しむ古典 万葉集』~万葉集をわかりやすく解説。ボリュームたっぷりで読み応えあり!~
  • 『万葉集と日本人読み継がれる千二百年の歴史 (角川選書)』~万葉集が時代ごとにどう読まれ、写され、解釈されてきたかを掘り下げた一冊。良書です!~
  • 『万葉秀歌探訪 (NHKライブラリー)』~万葉集の秀歌を、巻ごとに分かりやすく解説。古い本ですが古びていません~
  • 『日本全国 万葉の旅 「大和編」』~大判で美しい写真と的確な解説。奈良のエリアごとに紹介されていて便利です!~
  • 『犬養孝と万葉を歩く (別冊太陽―日本のこころ)』~全国の「万葉故地」を歩いた犬養孝さんの取材ノートをもとに万葉歌の魅力を紹介した一冊~
  • 『小さな恋の万葉集』~万葉学者・上野誠さんが万葉歌を「おしゃべり語」に超訳した意欲作!親しみやすさは○~
  • 『万葉集からみる「世界」 (新典社新書)』~万葉文化館・井上さやかさんのご著書。マニアックな歌も親しみやすく解説してくれます~
  • 『古代史で楽しむ万葉集 (角川ソフィア文庫)』~古歌の時代背景や人物像を歴史的な観点から観ていく一冊。古代史好きな方にお勧めです!~
  • 『越中万葉をたどる 60首で知る大伴家持がみた、越の国。 (高岡市万葉歴史館論集 別冊1)』~赴任した大伴家持ら、越中で詠まれた万葉歌60首を分かりやすく。平城の都とは違った趣です~
  • 『万葉集と古代史 (歴史文化ライブラリー) 』~「あをによし」など、有名な万葉歌を歴史の中で読み直すと?眼からうろこの良書です!~
  • 『はじめて楽しむ万葉集 (角川ソフィア文庫)』~定番からマイナーまで。共感できる万葉歌87首を分かりやすく解説。ビギナーにお勧め!~
  • 『よみがえる万葉人 (文春文庫)』~長屋王・元明天皇・橘諸兄など、歴史上の人物ごとに万葉歌を見ていく面白い一冊です~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ