2014-06-30

1年の前半の穢れを祓う『夏越大祓』@橿原神宮(橿原市)

1年の前半の穢れを祓う『夏越大祓』@橿原神宮(橿原市)

毎年6月30日、大きな茅の輪をくぐって厄を落とす「茅の輪くぐり」とともに、「夏越しの大祓」というお祓いが催されます。私たちも、橿原神宮で『夏越大祓(なごしおおはらえ)』に参列していきました。神職の方たちと一緒に「大祓詞」を奏上し、人形(ひとがた)に穢れを移して無病息災を祈願する、とても厳かなものでした。


「大祓」は6月30日・大晦日の年2回

毎年6月30日、多くの神社で「夏越しの大祓(なごしのおおはらえ)」(Wikipedia)と呼ばれるお祓いの行事が催されます。「大祓」は、1年の終わりの大晦日と、年の半分にあたる6月30日と、年に2回。夏に行われる夏越の祓では、多くの神社では「茅の輪くぐり」が行われます。


大祓は、我々日本人の伝統的な考え方に基づくもので、常に清らかな気持ちで日々の生活にいそしむよう、自らの心身の穢れ、そのほか、災厄の原因となる諸々の罪・過ちを祓い清めることを目的としています。

この行事は、記紀神話に見られる伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の禊祓(みそぎはらひ)を起源とし、宮中においても、古くから大祓がおこなわれてきました。中世以降、各神社で年中行事の一つとして普及し、現在では多くの神社の恒例式となっています。

年に二度おこなわれ、六月の大祓を夏越(なごし)の祓と呼びます。大祓詞を唱え、人形(ひとがた・人の形に切った白紙)などを用いて、身についた半年間の穢れを祓い、無病息災を祈るため、茅や藁を束ねた茅の輪(ちのわ)を神前に立てて、これを三回くぐりながら「水無月の夏越の祓する人は千歳の命のぶというなり」と唱えます。また、十二月の大祓は年越の祓とも呼ばれ、新たな年を迎えるために心身を清める祓いです。

私たちにとって、その年々の節目におこなわれる大祓は、罪や穢れを祓うとともに、自らを振り返るための機会としても、必要なことではないでしょうか。


6月30日には、春日大社・大和神社・大神神社・石上神宮・談山神社・往馬大社など、奈良県内の神社で大祓が行われています。

また、その前後しばらくは大きな茅の輪が設置してあるところも少なくありませんので、本格的な夏がやって来る前に半年分の穢れを落として、1年の後半戦を迎えるといいですね。


夏越大祓@橿原神宮(橿原市)-19

前日の6月29日にお詣りした、桜井市の『大神神社』。30日に「大祓みわの茅の輪神事」が催されるため、拝殿前に大きな茅の輪が設置されていました。これを8の字にくぐると災厄が落ち、一年の後半戦も無病息災で過ごせます


人形に穢れを移して心身を清めます

6月30日、橿原市久米町の『橿原神宮』で行われる例祭『夏越大祓(なごしおおはらえ)』に参列してきました(予約などは不要です)。

法要は15時から、約30分ほど。表参道の突き当り、南神門の前で行われます。橿原神宮は茅の輪などは設置されておらず、神職の方たちと一緒に「大祓詞(おおはらへのことば)」を奏上し、人形(ひとがた)に穢れを移して無病息災を祈願する、という流れになります。

なお、撮影した写真は、参列から離れた場所からと、参列者側からの2ヶ所から撮っています。撮影は禁じられていませんが、あまりウロウロすると邪魔になりますから、撮影の方はご注意ください。


夏越大祓@橿原神宮(橿原市)-01

6月30日の橿原神宮『夏越大祓』。表参道を突き当たった、国旗が掲揚された広場で行われます。平日の15時から、厚く雨雲が垂れ込めるようなお天気でしたが、次第に人が集まってきました

夏越大祓@橿原神宮(橿原市)-02
15時になると、神職の方々がお越しになります

夏越大祓@橿原神宮(橿原市)-03

夏越大祓@橿原神宮(橿原市)-04

夏越大祓@橿原神宮(橿原市)-05
夏越大祓式が始まり、神官の方たちに合わせて「大祓詞(おおはらへのことば)」を読み上げます

夏越大祓@橿原神宮(橿原市)-06
現地についてすぐこんな紙を手渡していただけますので、何も知らなくても問題ありません。古事記などに描かれたイザナギノミコトの禊祓(みそぎはらい)を起源としており、そうした詞が粛々と奏上されます

夏越大祓@橿原神宮(橿原市)-08
その後、神官の方たちが神前に進み出て……

夏越大祓@橿原神宮(橿原市)-07
両の手を大きく広げる所作を。紙を破っているのだとか

夏越大祓@橿原神宮(橿原市)-10
手渡されていた小さな包みには、正方形に切られた「切幣(きりぬさ)」と、細かく切った藁が入っています。これを「左→右→左」の順番で、少しずつ体に振りかけて、災厄を落としていきます

夏越大祓@橿原神宮(橿原市)-11
一緒に入っている「人形(ひとがた)」で、自分の頭や体などをなでるようにし、知らず知らずの間についてしまった穢れを移していきます。そして、この人形に3回息を吹きかけて半紙に収め直します。神職の方がこれを回収してくれます

夏越大祓@橿原神宮(橿原市)-12
穢れを祓った切幣が足元に散らばり、どこか神様に申し訳ない気分になります(笑)

夏越大祓@橿原神宮(橿原市)-14
私たちの穢れが移った人形たちは、まとめて運ばれていきます。この人形は海に流されるのだとか

夏越大祓@橿原神宮(橿原市)-15
夏越大祓式の参列者には、最後にお神酒がいただけます

夏越大祓@橿原神宮(橿原市)-18
また、「延寿箸」もいただけました!お箸に「橿原神宮」と書いてある、とてもありがたいもの。白南天で出来ているようです。大事に使わせていただきます!

夏越大祓@橿原神宮(橿原市)-16
橿原神宮の巨大な「外拝殿」と、背後の「畝傍山(うねびやま)」。忘れずに神様にもお詣りしておきましょう



■橿原神宮(かしはらじんぐう)

HP: http://www.naranet.co.jp/kashiharajingu/
住所: 奈良県橿原市久米町934
電話: 0744-22-3271
主祭神: 神武天皇、媛蹈鞴五十鈴媛(ひめたたらいすずひめ)
創建: 1890年
開門時間: 日の出から日没まで
拝観料: 境内無料(宝物館は@300円)
駐車場: 800台分(普通車@500円)
アクセス: 近鉄「橿原神宮前駅」下車、徒歩5分


■参考にさせていただきました

神社本庁 | 神道のいろは | おまつりのいろは | 大祓について
大祓 - Wikipedia
橿原神宮 夏越大祓(なごしおおはらえ) ちまりのスローなぶろぐ/ウェブリブログ
橿原神宮 夏越大祓 - 奈良の探訪 - Yahoo!ブログ


■関連する記事










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ