2014-03-01

小さな素敵な本と雑貨のお店『とほん』@大和郡山市

小さな素敵な本と雑貨のお店『とほん』@大和郡山市

金魚と桜とお城の町・大和郡山市にオープンした、本と雑貨のお店『とほん』さん。小さな店舗ですが、本好きなオーナーさんがセレクトした新刊本・雑貨・リトルプレス・古本などが並んでいて、本好きであれば必ず楽しめるでしょう。すぐ近くにはガソリンスタンドをリノベーションしたカフェ『K coffee』さんもオープン。楽しいエリアになりました!


歴史ある柳町商店街の一角にオープン

金魚と桜とお城の町・大和郡山市にオープンした、本と雑貨の店『とほん』さん。ユニークな店名は「雑貨と本」、さらには「●●と本」など、本のあるライフスタイルを連想させてくれますね。

柳町商店街の途切れるあたりに位置し、元畳屋さんだった建物をリノベーションして「柳花簾(りゅうかれん)」というレンタルスペースに生まれ変わった一角にあります。歴史ある城下町だけに、すぐお隣は渋い元呉服屋さんだったり、すぐ近くには重厚な建物の銭湯「大門湯」さんが営業していたり、建築好きにはたまらないエリアです。


本と雑貨のお店『とほん』@大和郡山市-01

本と雑貨の店『とほん』の外観。近鉄「大和郡山駅」より徒歩10分で、ちょうど柳町商店街の終わるあたりにあります。昭和的な擬似洋風の建築で、元は畳屋さんだったものがレンタルスペースに生まれ変わりました

本と雑貨のお店『とほん』@大和郡山市-02
商店街に面していて、真新しい格子戸と、小さな黄色い看板が目印です

本と雑貨のお店『とほん』@大和郡山市-03
店前にはチョークボードとこのエリアの観光マップ、フリーペーパーなどが置いてあります


4坪ほどの店内に楽しい本や雑貨が並びます

本と雑貨の『とほん』さんは、店舗面積は4坪ほど。小さなスペースに新刊本・雑貨・リトルプレス・古本などが並んでいます。

オーナーは、元書店員であり、書籍関連のライターとしてもご活躍中の砂川さん。その奥さまは、奈良きたまちの素敵なショップ『旅とくらしの玉手箱 フルコト』のあるじのお一人で、ご夫婦揃って(娘さんも含めて)大の本好きな方々です。

そんな方たちがオープンした本屋さんですから、本好きな人間にとってはとにかく楽しいですね!

本の本、金魚の本、小規模な出版社さんの本など、ついつい目移りしてしまいます。また、奈良で「リトルプレス」(有料のミニコミ誌のようなもの)を取り扱っている書店は少ないのですが、とほんさんでは今までまったく知らなかったものも見かけました。

入り口から店内すべてが見渡せるような、決して広くないスペースですが、気になる本を一冊ずつ手にとっていると、あっという間に時間が過ぎていきます。ゆっくりと棚を探検したくなりますね!


本と雑貨のお店『とほん』@大和郡山市-04

入り口から『とほん』さんの店内を見渡したところ。4坪ほどの小さなスペースです。真ん中にストーブが置いてあって、これが暖かくていい雰囲気でした

本と雑貨のお店『とほん』@大和郡山市-05
レジ周り。大和郡山市の特産品である「金魚」関連の書籍が並んでいました

本と雑貨のお店『とほん』@大和郡山市-06
壁面の棚。本・歴史・アート・小説など、選びぬかれた新書と古書が並んでいます。「何でもある」本屋さんとは対極の、「何かがある」本屋さんですね

本と雑貨のお店『とほん』@大和郡山市-07
古書の棚。小説などとともに猫本が並んでいたり、「晴れた日は巨大仏を見に」「タンポポ・ハウスのできるまで」など、私好みの本が見つかったり。こういう出会いが楽しいですね!

本と雑貨のお店『とほん』@大和郡山市-08
ここは「本の本」コーナー。こうしたセレクト書店の定番ですが、知らなかった本の本が意外とたくさんあって、物欲をそそられますね。品揃えは常に入れ替わりますので、気になる本が見つかったらお早めに

本と雑貨のお店『とほん』@大和郡山市-09
入り口脇の、雑貨とリトルプレスなどが並んだ机。東北発のユニークな冊子『実寸-JISSUN』、吉野生まれの木の折り紙『きのかみ』、そして『つまびきや』さんの豆本など。しっとりと落ち着いた素敵な一角です

本と雑貨のお店『とほん』@大和郡山市-11
私たちはこの日、以前から読みたかった夏葉社さんの『本屋図鑑』と、存在感のある絵柄の付箋紙(亀の背中に花瓶が乗った中華風のイラスト入り)を購入しました!


ユニークなレンタルスペース「柳花簾」さん

とほんさんが営業しているレンタルスペース「柳花簾」は、まだオープン間もない施設で、奥は空き家になっています(入居者を募集中だとか)。外からは分かリませんでしたが、細長い「ウナギの寝床」の面白い建物でした。

興味のある方は問い合わせてみてください!


本と雑貨のお店『とほん』@大和郡山市-12

とほんさんのスペースから、さらに奥を観たところ。ひな祭りシーズンですので、大和郡山の各お店に雛人形を飾る「第3回 大和な雛まつり」を開催していました(2014年3月9日まで)。突き当りからさらに奥まで建物は続いています

本と雑貨のお店『とほん』@大和郡山市-13
とほんさんのすぐお隣のスペースは、ちょっとした商品の展示販売も

本と雑貨のお店『とほん』@大和郡山市-17
その隣の空きスペースの一角には、すっぽりと壁に収まったデスクスペースが!あまりにも居心地が良さそうで、ここだけお借りしたいくらいです(笑)

本と雑貨のお店『とほん』@大和郡山市-15
さらに奥へ進むと、こんな荒っぽい感じに。元畳屋さんだった時の設備が残っていたりします


元ガソリンスタンドのカフェ『K coffee』も

柳町商店街は、古くから頑張っている商店も多いのですが、やはりシャッターを下ろしたままの元店舗も目につきます。

そんな中、とほんさんとほぼ同時に、斜め向かいの元ガソリンスタンドをカフェとして生まれ変わらせた『K coffee』さんもオープンし、急に賑やかになりました。

この日は夕方の閉店時間間際だったので店内にはお邪魔しませんでしたが、外観からしてかっこいいんです!しかも、お店の前には大和郡山のイベントで大きな話題になった、「電話ボックスを改良した金魚が泳ぐ水槽」が設置してあるんです!かなりインパクトがあるので、道行く人がみんな足を止めて眺めていました(笑)

下のマップなどをご覧いただくと分かりますが、この辺りから南側は、至るところに「金魚池」がある、かなり変わった風景が見られます。お散歩していて楽しい町ですから、ぜひ気軽に行ってみてください!


本と雑貨のお店『とほん』@大和郡山市-19

とほんさんのすぐ近く、古いガソリンスタンドをカフェにしてしまった『K coffee』さん!かっこいい!ちなみに、すぐお隣が素敵な銭湯「大門湯」さんで、背後に見えるのはその煙突です

本と雑貨のお店『とほん』@大和郡山市-20
通りに面して設置してある、電話ボックス型金魚水槽。アイキャッチ効果はバツグンで、誰もが足を止めて見入っていました

本と雑貨のお店『とほん』@大和郡山市-21
アップで。シンプルな仕組みなんでしょうけど、アイディアがすごいですね。華やかです!



大きな地図で見る


■本と雑貨の店 とほん

Facebook: https://www.facebook.com/tohontohon
Twitter: @tohontohon

住所: 奈良県大和郡山市柳4-28
電話: 080-8344-7676
定休日: 木曜・祝日
営業時間: 11:00 - 17:00
駐車場: なし(近隣の有料Pを利用)
アクセス: 近鉄「大和郡山駅」より徒歩10分ほど

※実際にお邪魔したのは「2014年2月24日」でした


■参考にさせていただきました

本と雑貨の店「とほん」オープン(2014年2月22日@大和郡山) - Togetterまとめ
【新文化】 - 元書店員の砂川昌広氏、大和郡山(奈良)に書店「とほん」オープンへ


■関連する記事










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ