2012-10-29

重要文化財『奈良女子大学記念館』一般公開@きたまち

重要文化財『奈良女子大学記念館』一般公開@きたまち

近鉄奈良駅の北側の「奈良女子大学」にある、明治末期に建てられた建築物『奈良女子大学記念館(旧本館)』。重要文化財に指定されている貴重な建物です。女子大の施設ですから、普段は見学できませんが、秋の一般公開があったため内部を拝見できました。レトロな近代建築の美しさがたっぷりと味わえました!


重文建築物は春と秋に特別公開されます

近鉄奈良駅の北側の、古くは奈良奉行所が置かれていた北魚屋東町・西町に位置する『国立大学法人 奈良女子大学』。前身となる「奈良女子高等師範学校」は、1908年3月に設立されました。

その中心に建つ「奈良女子大学記念館」は、明治末期の1909年に「奈良女子高等師範学校本館」として竣工したもの。1階は事務室、2階は講堂として利用されました。1980年代に入り本部管理棟・講堂が相次いで新築されたため、1990年に名前を「記念館」と名称を改めました。1994年には大規模な改修工事を行い、守衛室(附 正門)とともに国の重要文化財に指定されています。

木造2階建ての桟瓦葺で、白い壁と淡い青緑色(または青磁色)の塗りが、レトロなハイカラさを感じさせますね。屋根の形といい、細部の作りといい、ガラスの歪みといい、100年以上も前の豪奢な建物の良さが残されています。


 この建物は木造、総2階建てである。屋根の中央に頂塔(ランタン)を設けたり、正面では軒先の中央部を三角形に一段上げ、また屋根に明かり取り窓を6個所に設けるなど、屋根の形に変化をもたせている。

 外観はハーフティンバーというヨーロッパ北部に見られる、木部を外に表す壁構造のデザインである。外壁は2階の腰までを板壁、その上を漆喰壁とするが、板の張り方を一部竪板張り、他は横板張りと変化させている。縦長の上げ下げ窓の上下に、曲線形の木材を漆喰表面にとりつけ模様をつくっている。

 平面は、1階では中央の車寄せのある玄関から入り、中廊下をはさんで、左右に大小7室の部屋が並ぶ。一階両端の階段より2階へ昇ると、2階全体は講堂となっていて、講堂の前後にホールがある。講堂には当初からの長椅子が今も残る。

 南面には、後から増築した平屋建の旧事務局長室が取り付く。

 屋根を支える構造は木造トラスで約16mの長さに渡って中間に柱なしで、屋根を支えている。講堂中央部では天井を折り上げ、天井の高い大きな空間をつくり、シャンデリアを吊り下げている。

 建物は竣工以来、改変される箇所はほとんどなく、当時の姿をよく残している。


なお、通常は奈良女子大学は部外者は立ち入りできませんし、記念館も一般公開されていません。しかし、毎年春季は4月下旬~5月上旬、秋季は10月下旬~11月上旬ごろに一般公開されており、この時期は内部をじっくり拝見することができます。


奈良女子大「記念館」一般公開-01

奈良きたまちにある「奈良女子大学」の正門。奥に見える『奈良女子大学記念館』は、この正門と守衛室も含めて重要文化財登録されています。いつもあれこれの看板が立っていて活気がある(≒風情がない)のですが、2012年11月3日~5日は奈良女の学園祭「第60回恋都祭」があるため、より賑やかでした

奈良女子大「記念館」一般公開-09
奈良女子大学記念館の一般公開のポスター。2012年秋は、2012年10月28日(日)~11月8日(木)まで。アジア・ジェンダー文化研究センター主催の「奈良女子高等師範学校とアジアの留学生」という特別展示や、小企画「奈良女子大学所蔵の正倉院模造宝物」などの展示もありました

奈良女子大「記念館」一般公開-02
正門。この青磁色というような淡いパステルの色合いが、いかにも名門女子大な雰囲気ですね。門柱に赤い屋根が乗るのもレトロです

奈良女子大「記念館」一般公開-03
正門をくぐってすぐ右手には、小さな守衛室があります。白いファサードがいいですね。どことなく昭和末期のファンシー文化を感じますが、歴史ある貴重な建築物です!

奈良女子大「記念館」一般公開-04
『奈良女子大学記念館』(旧本館)を正面から。今すぐにでもドラマのロケができそうな雰囲気ですね

奈良女子大「記念館」一般公開-05
入口脇にある説明文。「旧本館(記念館)は木造2階建てで、1階正面中央に玄関ポーチが付き、内部は1階中央に廊下が通り、両側に校長室・応接室などの部屋があり、2階は広い一室で講堂としていた。外壁に木材で模様をあしらい、桟瓦葺の屋根の中央に塔屋を設け、正面・背面に各2箇所、両側面各1箇所に明かり取り窓を付けている」

奈良女子大「記念館」一般公開-06

奈良女子大「記念館」一般公開-07

奈良女子大「記念館」一般公開-08


レトロな近代建築の美しさが堪能できます

記念館の内部に入ると、今から百年前の建物らしいクラシックな雰囲気と、色合いや模様などが柔らかで可愛らしい雰囲気が同時に感じられます。

展示室がいくつかあったり、パネル展示があったりするだけですから、あまり興味のない方であれば20分くらいで見学終了してしまうかもしれませんが、私たちはたっぷり1時間以上もかけて建物内を歩きまわってました。細かい部分を見たり、写真に撮ったりするだけでも全く飽きませんので、近代建築好きな方はぜひ行ってみてください!


奈良女子大「記念館」一般公開-10

1階部分は、中央に廊下が通っています。柱の飾りやドアの模様など、佇まいのすべてがいいですね。なお、廊下を挟んだ両脇には展示室があり、そちらでは「奈良女子大学所蔵の正倉院模造宝物」といった特別展示などがありました(撮影不可)。その他、今では手に入らないような動物の剥製などもあって驚きました!

奈良女子大「記念館」一般公開-11
パネル展示では、奈良女子高等師範学校時代の貴重な写真が見られました。昔はセーラー服風の洋服を着て体育の授業を受けていたらしいです。どれも興味深くて、ひとつひとつ観ていっても飽きません。まさに「はいからさんが通る」の世界ですね!

奈良女子大「記念館」一般公開-12
見づらいですが、昔ここにあった寮の模型。明治の末期に建てられた5寮11棟の壮大なもので、264名を収容できたとか。昭和37年頃までしようされていたそうです

奈良女子大「記念館」一般公開-13
階段も趣がありますね。この頃の近代建築は薄暗いくらいが一番かっこいいと思います

奈良女子大「記念館」一般公開-14
踊り場部分。手すりの造作が素晴らしいですね

奈良女子大「記念館」一般公開-15
記念館2階の「講堂」。説明には「300人が座れる広さだが、柱は1本もない。正面中央の三角破風はギリシャの神殿を連想させる。また、天井には半円形の天窓などさまざまな装飾が施されている」とありました

奈良女子大「記念館」一般公開-16
逆側からの眺め。整然と長椅子が並ぶ姿は、礼拝堂のようですね

奈良女子大「記念館」一般公開-17
講堂の天井の中央部分は一段高くなっていて、和建築の折上格天井のよう。そこから下がる華奢なシャンデリアがいいですね。その真上の花形の飾りは換気口なんだとか。熱が自然に抜けていくように工夫されています

奈良女子大「記念館」一般公開-18
壇上にあった三角破風の何か。扉が開くようになっているのですが、係の方に聞いても中はどうなっているのか見たことがない…とのこと。教会建築であればキリスト像があるところですが、女子大の講堂には何があったんでしょうか?

奈良女子大「記念館」一般公開-20
講堂に置かれていた「百年ピアノ」。前身の奈良女子高等師範学校の創立当時に購入され、戦後ながらく倉庫に眠っていました。2005年から修復を行い、百年前の音色が蘇ったそうです。

奈良女子大「記念館」一般公開-21
譜面台のところの細工などが豪奢ですね。機能的な美しさと装飾の美しさの両面が感じられます。鍵盤数は85鍵で、現在の主流の88鍵よりも少ないとか。ちなみに、自由に弾かせてもらえます!

奈良女子大「記念館」一般公開-22
鍵盤蓋にはこんなデザインが。これは内国博覧会などの受賞を記念した褒章メダル模様だそうです

奈良女子大「記念館」一般公開-23
玄関ポーチ部分の天井。美しい建築物は、細部を観ていくだけでも楽しめます

奈良女子大「記念館」一般公開-24

奈良女子大「記念館」一般公開-25

奈良女子大「記念館」一般公開-26

奈良女子大「記念館」一般公開-28
記念館の隣に建つ「附属図書館・総合情報処理センター」の建物。後の時代から建てられたものですが、メインの建物と色目が合わせてあるだけで美しく見えますね

奈良女子大「記念館」一般公開-29
キャンパス内にあった「奉安殿(ほうあんでん)」という建物。1934年のもので、全国の学校に下付された天皇皇后の御真影(写真)や教育勅語を納めていた建物だとか。戦後に解体されたものが多く、こうして残っているのは貴重なのだそうです

奈良女子大「記念館」一般公開-30
奈良女の真向かいには、旧鍋屋交番の建物を再活用した観光案内施設「旧鍋屋交番 きたまち案内所(奈良市きたまち鍋屋観光案内所)」があります。この建物もなかなか味がありますね。きたまち観光情報が聞けますので、ぜひ見学してみてください



■奈良女子大学

HP: http://www.nara-wu.ac.jp/
住所: 奈良県奈良市北魚屋西町
電話: 0742-50-3220(総務・企画課)
駐車場: なし(駅付近の有料駐車場を利用)
アクセス: 近鉄奈良駅から徒歩5分ほど

※2012年秋の一般公開は、2012年10月28日(日)~11月8日(木)まで


■参考にさせていただきました

奈良女子大学・記念館
奈良女子大学記念館 : レトロな建物を訪ねて










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ