2009-04-11

関西観光フリーペーパーに写真が掲載されました!

「Have a Nice Day in Kansai」

関西国際空港が発行する外国人観光客向けのフリーペーパー「Have a Nice Day in Kansai Vol.6」という冊子があります。

今回は「ウチの相方が撮影した写真がそこに掲載されました!」というお話です。


「お水取り」を写した奇跡の一枚です!

とりあえず、説明よりも先に画像をご覧ください。


「Have a Nice Day in Kansai」-01

関西国際空港の航空営業部が発行するフリーペーパー「Have a Nice Day in KANSAI」。外国人観光客の方を対象にして、関西の観光モデルコースを紹介した冊子なんですが・・・。我が家に8ヶ国版がドッサリと送られてきました!

「Have a Nice Day in Kansai」-02
関空や観光案内所を中心に、トータル「226,000部(!)」を配布する、かなりの大掛かりなものです!

「Have a Nice Day in Kansai」-03
これは英語版。関西のお祭りをPRするページで、祇園祭やだんじり祭りと一緒に、奈良からは唯一、東大寺の「お水取り」の画像が掲載されていますが、、、、

「Have a Nice Day in Kansai」-04
この写真、実はウチの相方が撮影したものです!ネット上で適した画像を探していたデザイナーさんがサイトを見つけてくれて、声をかけてくれました。これって結構スゴイことですよね!

東大寺「お水取り」の写真
その現物がコチラ!「東大寺「お水取り」で火の粉を浴びました!」に掲載した一枚でした!


配布部数20万強!かなり嬉しいです!

話によると、このパンフレットの制作に係わっているデザイナーさんが、お水取りの画像をネットで探していたところ、このサイトがヒットしてお声を掛けていただいた・・・とのことでした。

ほんの小さなサイズで使っていただいているだけなんですが、やっぱり嬉しいものですね。相方もかなり喜んでました(笑)

ご存知のとおり、お水取りは夜に開催されるお祭りなんですが、一般の参拝客は三脚の使用は禁止です(※事前の使用許可を申請すれば許可されるケースもあるそうです)。このため、シャッタースピードを遅くしないとキレイに写らないし、そうすると高確率で手ブレが発生する・・・という、かなり難しい被写体なんですよね。

この一枚は、1秒開けて撮影しているそうですが、同じ撮影方法でも他の画像はほぼ全滅でしたから、本当に「奇跡の一枚」だったんですよね(笑)

いずれにしても、20万部を超えるような配布数の印刷物に、自分が撮影した画像が採用される機会なんてなかなか無いことだと思いますので、夫婦共々喜んでます!

このフリーペーパー「Have a Nice Day in Kansai Vol.6」は、まだ関空などで配布されているそうですので、お近くまで行かれたら手にとってみてください。計30ページと、かなりの豪華版です。

ちなみに、掲載ページには「kansai offers a panoply of exiciting events!」というタイトルが付けられていますが、この「panoply」という単語の意味が分からず、excite翻訳に文章を入れてみたら、「kansaiはexiciting出来事のよろいかぶとを提供します。」って変換されました・・・。

不思議がいっぱいの関西ですが、海外からの観光客の皆さんにも、ぜひ色んな「よろいかぶと」を楽しんで欲しいですね(笑)

(※正しくは「panoply=盛大な儀式」という意味だそうです!)











  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ